日本地図センター乗っ取りの理由はなぜ?改ざんの目的とは?【中国から攻撃】

日本地図センターというサイトが中国からのハッキングによってサイトへのアクセスを控えるように
との告知がされて話題になっています。

日本地図センターをなぜハッキング攻撃したのか?管理人にとっていちばんの謎はそこです。
日本地図センターとそもそも検索することもないですし、攻撃の目的や理由がわかりません。

中国語の表記があることから、おそらくは中国からのハッキング攻撃だと思われますが、
現在もホームページが改ざんされて閉鎖に追い込まれています。

今回はなぜハッキング攻撃がされたのか?理由を探っていきます。

スポンサーリンク



日本地図センターがハッキング攻撃を受ける




日本地図センターがなぜか攻撃を受けたことで、公式Twitterから告知が出ていました。
アクセスすると中国のサイトに飛ばされるなどして実害を受ける可能性が示唆されています。

興味本位でのアクセスは非常に危険なのでやめておきましょう。
中国からのハッキングによってホームページが改ざんされているようで、
これが原因で様々な実害が出る可能性があるようです。

なぜ攻撃を受けたのか?かなり謎ですが、中国語のサイトにアクセスを導かれることで何が起こるのでしょうか?


スポンサーリンク



なぜ日本地図センターが改ざんされた?乗っ取りを受けた理由とは





日本地図センターとはそもそもどんなサイトなのでしょうか?日本地図センターは日本で提供されている地図を
扱っているサイトで、元国土交通省国土地理院所管の一般財団法人のホームページです。

つまり政治的な意味もあり、攻撃の理由もそこから予想できます。

地図というのはその国の領土などの問題にも関わる重要な意味を持っています。
おそらくですが、今回の乗っ取り、改ざんには政治的な意味も含まれています。

日本は特に最近のIT技術に関しても全くといっていいほどスキルがない人が多く、
日本の弱点とも言える部分です。

政治的な意味からもこの弱い部分を攻めようと考えた中国人がいたのかもしれません。


スポンサーリンク




犯人は中国人?





誘導されるURLなどを調べてみると中国語が出てくることから、犯人はおそらく中国人であることが分かっています。
しかしこのような場合、犯人を逮捕するのは難しく、特定することもおそらくできないでしょう。

日本は特にサイバー犯罪に弱いためにこのような弱点を突かれてしまったのでしょう・・・。


スポンサーリンク




ネット上での反応