北朝鮮 建国記念日9月9日発射予定のミサイル中止?理由は?

北朝鮮の建国記念日9月9日、先日と同じようにICBM級のミサイルを発射するのではないかと警戒されていたのですが、中止になる可能性が出てきました。


各国が警戒、監視を続けている今、なぜそんな話がでてきたのか。理由を調べてみました。




通常の1000倍の太陽フレアが発生した



スポンサーリンク





これが大きい理由だと言われていて、今現在は太陽フレアの影響はピークを過ぎています。ですが未だ影響が残っているので、GPSなどが不安定になります。これがミサイル発射に大きく影響する可能性があるからミサイルは発射しないのではないか、という仮設が立っているんですね。


今までの北朝鮮なら「どこに落ちてもよくね?撃ったろwww」とかなりそうですが、意外と今の北朝鮮は慎重なのかもしれません。トランプ大統領も以前インタビューで「(金正恩は)頭の切れるヤツだ。」と発言しているのも頷けます。




警戒、監視、圧力が強まったから



管理人はこれも一つの大きな理由であると思います。あれだけ注目される事をしておいて、北朝鮮の建国記念日に何もしないワケがない!と各国が警戒しています。圧力も各国がどんどん強めている状態です。


こうした状況では撃ちづらいのかもしれませんね。アメリカも睨みを効かせていますから、しばらくは緊張状態が続くかもしれません。なんとかなりませんかね〜…。




トランプ大統領「軍事力を使わないのが望ましい。使えば北朝鮮にとって悲劇の日となる」



スポンサーリンク





この発言も北朝鮮のミサイル発射を渋らせている原因かもしれません。実際アメリカと正面衝突を避けなければならない北朝鮮にとって、挑発行為もギリギリを保たなければなりません。言うならば”プロレス”みたいな状態でしょうか。


本当に怒らせてはいけない事を北朝鮮は理解しているのかもしれません。




北朝鮮は祝賀ムード!?



今日は北朝鮮にとって69回目の建国記念日で、北朝鮮国内では各地で祝賀ムードなのだそうです。それに加えて北朝鮮国内のテレビ放送などでも「核実験成功」を祝うムードが広がっているようです。


金正恩氏もこうなったら引くに引けない状況なのも確かなんですね。ちなみに去年の建国記念日にもミサイルを発射しています。毎年恒例行事のようなものなのです。日本で言えば「紅白歌合戦」みたいな感じ?




まとめ





太陽フレアの影響でミサイルが発射できないのかも?


トランプ大統領の発言にビビった!?


各国に警戒されて撃つに撃てない??


毎年恒例だから無理やり撃つ可能性も





可能性を上げたらキリがないですが、理由としてはどれもあり得るところですね。ミサイルは撃たれないのが一番ですが、北朝鮮からの声明が出るまでは安心できません。続報を待ちましょう。

About 小鳥遊ユウ 897 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*