またしても日本の経済水域に北朝鮮の漁船が違法操業と見られる行動をしていたため、


水産庁船が経済水域を出るよう警告をしていたのですが・・・。結局衝突し北朝鮮船は沈没。


乗組員20人が海に投げ出されました。もう放っておけば良いのではないでしょうか・・・。


現在救助しているとのことですが、


これで何回目だよって話です。


もう注意してもわざわざ日本の経済水域に足を運んでは盗みを働くのであれば


インドネシアを見習ってサクッと沈めるというやり方も考慮したほうが良いでしょう。


毎回優しく救助したりなんだりしている中で紛れ込んだ工作員が日本人を拉致したり、


また経済水域に入ってきて盗みを働いたりと・・・。


もう切りがありませんね。注意しても治らない事がわかっているのに日本の水産庁船も災難ですよね・・・。


今回の衝突は何が原因だったのか?衝突の瞬間の動画はないのかということで調べてみました。


北朝鮮船が水産庁船と衝突し沈没!原因とは?




スポンサーリンク





北朝鮮船の画像

海上保安庁によると、7日午前9時5分ごろ、日本海の「大和(やまと)堆(たい)」

と呼ばれる海域付近で、違法操業の取り締まりをしていた水産庁の漁業取締船「おおくに」

と北朝鮮の漁船が衝突した。漁船は午前9時半ごろに沈没、漁船の約20人が海に投げ出され、

水産庁の船舶が救助に当たっている。現場は日本の排他的経済水域(EEZ)内という。

 水産庁によると、EEZ内に入っている船をおおくにが確認。EEZ外に退去するよう警告していたところ

双方の船体同士が接触したという。水産庁は当時の状況やけが人などの確認を進めている。

現場は、石川県の能登半島沖北西約350キロ。大和堆は周囲よりも浅くなっている場所で、

スルメイカの好漁場として知られている。

 この海域では2016年秋ごろから、北朝鮮の漁船による違法操業が急増。

17年からは海保や水産庁が警戒し、取り締まりを強化していた。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASMB73S5TMB7UTIL013.html


日本の経済水域で何度も目撃されている違法操業の船。


やっぱり何度注意しても来てしまいますね。


北朝鮮の経済水域では魚が取れないのでしょうか?


それともわざと日本の経済水域まで違法操業するために来ているのか・・・。


流石にそこまでリスクを取ってまで来たりはしないと思いますが、


今回もまた違法操業ではないかと見られています。


今回発見された水域ではスルメイカなどがよく取れる場所のようで、


ここで違法操業をしていた可能性があります。


北朝鮮船と衝突してしまったことで船は沈没、乗組員20人が海に投げ出されています。


衝突の瞬間の動画がヤバい!?北朝鮮船沈没




スポンサーリンク








こちらは過去の動画ですが、過去にも北朝鮮船が違法操業をしているところを


何度も取り締まっています。日本の海上保安庁・水産庁の職員は本当に大変ですよね・・・。ありがたいです。


放水するなどして警告はしていますが、日本は攻撃することができないために何度もやってくるんですね。


これが外国なら普通に撃たれますよ。インドネシアでも中国船を普通に沈めてましたからね。


それが普通なんですが、日本はいつも追い返すのに必死です。もう撃てるようにしちゃえばいいのに・・・。


北朝鮮船衝突の原因とは?




スポンサーリンク





結局今回の船の衝突の原因とは一体何だったのか?考えられるのは


・ぶつけてきた

・警告に気が付かなかった

・操作ミス

・波のせい


色々考えられますが、どうしてもわざとぶつけてきたんじゃないの?


という考えが頭をよぎってしまいます。


北朝鮮は特に日本を敵視していますし、それだけやってきてもおかしくないというイメージが強いです。


乗組員救助後はどうなる?逮捕?強制送還?



最終的に乗組員を救助した後はどうするのか気になりますよね。


救助してそのままお国に帰すというのもアレですし、


何かしらペナルティを課せないものでしょうかね。


日本側がいつも優しくお返ししてあげているせいで何度も違法操業を繰り返すのでしょうし、


多少厳しくするべきではないでしょうか。まあ、北朝鮮ですし、国民がどうなろうとも気にしないんでしょうけれど。


ネット上での反応




スポンサーリンク