尾畠春夫(おばたはるお)のボランティア歴がスゴイ!山口不明2歳児発見

山口県の行方不明2歳児が発見されたというニュースで、活躍したボランティア男性が注目を集めています。ネット上では称賛の声が多数挙がっており、話題になっています。そのボランティア男性の名前は尾畠春夫(おばたはるお)さん。ボランティア歴や今までの活動内容がスゴイ!顔画像や経歴、さらには今までの活動内容を見ていきましょう。




・尾畠春夫(おばたはるお)のボランティア歴がすごい!


・山口県行方不明2歳児を発見


・2歳児発見場所をなぜ特定できた?





尾畠春夫(おばたはるお)のボランティア歴がすごい!





スポンサーリンク









■ボランティアで由布岳の登山道の整備
大分県別府市で鮮魚店を営んでいた尾畠さん。40歳で登山を始め、58歳で北アルプス55山を単独縦走した。

尾畠さんはその頃から、ボランティアで由布岳の登山道の整備を始めている。月に7〜8回、30〜40キロの材料を担いで登り、崩れかかった登山道の整備をしたり、案内板を設置したりしたという。



■徒歩で日本列島を縦断
66歳で尾畠さんは鮮魚店を引退し、鹿児島県の佐多岬から北海道の宗谷岬まで日本列島を徒歩で横断する旅に出た。

2006年の4月1日に出発、7月1日に全行程3250キロを歩き、尾畠さんは無事ゴールを遂げている。毎日、朝夕に孫の声を電話で聞くことを励みにしていたという。

このチャレンジについて、尾畠さんは朝日新聞の取材に「生まれた日本を縦に歩いてみたかったのと、体力がどのくらい持つのか、動機は単純じゃ」と語っている。

ゴール後、同級生たちに祝福された尾畠さんは「目標を持ってやれば、出来るものだ」と笑顔だった。(朝日新聞2006年07月09日)



■東日本大震災・南三陸町でボランティアの「師匠」と呼ばれる
2011年の東日本大震災では、3月から宮城県南三陸町でボランティアとして活動していた。町から依頼され、被災地で、人々が大切にしていた物を拾い集める「思い出探し隊」の隊長を務めた。

軽自動車で3日かけて被災地へ。日本列島縦断の旅で、テントを干していた南三陸町で親切にされた人を訪ねたことがきっかけとなったという。

2004年の新潟県中越地震の被災地でもボランティア活動に参加していた尾畠さん、若いボランティアからは「師匠」と呼ばれていたという。その後も大分と車で往復しながら計500日間支援に当たったという。(朝日新聞2011年04月27日)



■熊本地震でもボランティアに参加
熊本地震では、熊本県益城町でボランティア活動をしていた。既にこの時には「ボランティア歴25年」になっていた。

町が設置したボランティアセンターに「スコップやヘルメットがもっと必要」などと用具などについて助言。職員が「私たちにも初めての経験。言われて気付いたことがたくさんあって助かります」と話していたことが報じられている。(朝日新聞2016年04月25日)

  引用:ハフィントンポスト





山口県の行方不明2歳児を発見した現在でボランティア歴は既に25年以上。若いボランティアからは「師匠」呼ばれている有名な方なんだとか。そんな尾畠春夫さんのプロフィールも見ていきましょう。




尾畠春夫のプロフィール








尾畠春夫(おばた はるお)


年齢77歳


大分県出身?(在住は大分県)


プロフィール 元建設作業員、また、元鮮魚店に勤務していた。退職後はボランティアに従事。25年以上のボランティア歴を持ち、山口県行方不明2歳児を創作開始30分で見つける。




退職後はボランティアをし続けてきた尾畠春夫さん。元建設作業員ということもあって体力もあり、知識も豊富です。ネット上では「聖人」、「神様」とまで称賛され始めていますね。今回の活躍を見るにその賞賛は間違いないですね。




山口行方不明2歳児をなぜ発見できた?





スポンサーリンク







なんと尾畠春夫さんは捜索を初めて直後、行方不明2歳児が「海に行きたくない」とグズっていたことを聞き、「行くなら山だな」とほぼ、カンで山に入っていったそうです。




また、「人は下に行くより上に行きたがる」とも話していて、これは経験則でしょうか・・・。様々な震災現場などでボランティアをしてきた経験を活かし、すぐに行方不明2歳児のよしきちゃんを発見、さらに直接母親に届けるというヒーローのような活躍を見せました。




行方不明2歳児のよしきちゃんを捜索開始から30分で発見したこともネット上で話題になっています。この人は一体何者なんだと・・・。




行方不明2歳児を発見した場所は?





よしきちゃんを発見した場所は山を登った先の沢の近くだったそうです。尾畠春夫さんが呼びかけながら山を登っていくと、呼びかけに対して「ぼく、ここだよ」と返答が。




発見後は持ってきていたアメを渡し、毛布にくるんで抱き上げていったそうです。ちなみに母親に直接渡したのには理由があり、よしきちゃん捜索の前に家族に会い、「見つけて直接届けます。」と宣言してから捜索に入ったのだそうです。




そしてその約束を守るため、よしきちゃんを発見後も警察に引き渡すことなく母親に直接渡したんだそうです。すごく素晴らしい話ですよね。




「よしきちゃんを渡したときの母親の顔は焼き付いています。忘れられないだろうな」と語ったそうです。カッコいい・・・。




Twitterの反応



















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

1 Trackback / Pingback

  1. 藤本理稀(よしき)の母親(藤本美緒)の会見動画内容全文がコチラ! | タカナシ情報部

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*