沖縄宜野湾の小学校に米軍ヘリの窓が落下!小学生が軽傷!ねつ造?本当?

沖縄の宜野湾市の小学校に米軍のヘリから窓が落下した事で小学生が怪我をしたようです。しかし小学生児童は軽傷で済んでいたようで、今のところ命などには別状がないと言われています。




沖縄では特に米軍基地に関する問題が大きく取り上げられることが多く、沖縄を中心に活動する活動家の人たちがデモなどをすることが多いですね。しかし活動家の多くは沖縄の人ではなく、県外や国外から来る活動家がほとんどです。コレに関して沖縄県民の人たちはどう思っているんでしょうね・・・。




・沖縄宜野湾の小学校に米軍ヘリから窓が落ちる!


・小学生児童が腕に軽傷・・・CH53がまたしてもトラブル


・沖縄の活動家が騒ぎ出す!?





沖縄宜野湾で小学校校庭に米軍ヘリの窓が落下!小学生児童が怪我・・・




スポンサーリンク







13日午前、沖縄のアメリカ軍普天間基地に隣接する宜野湾市の小学校のグラウンドに、飛行中のアメリカ軍のヘリコプターの窓が落下しました。学校によりますと、飛んできたもので児童1人が軽いけがをし、警察などが詳しい状況を調べています。
13日午前10時すぎ、沖縄県宜野湾市の普天間第二小学校のグラウンドに1メートル四方の窓ガラスのようなものが落下しました。

学校によりますと、グラウンドでは4年生の児童およそ30人が体育の授業を受けている最中で、落下によって飛んできたもので男子児童1人が左手に軽いけがをしたということです。

普天間第二小学校はアメリカ軍普天間基地の北側にあり、基地とはフェンスを挟んで隣り合っていて、当時、上空にはアメリカ軍のヘリコプターが飛んでいたということです。

アメリカ軍から沖縄防衛局に対し、CH53ヘリコプターの窓が落下したという連絡があったということで、警察などが詳しい状況を調べています。

NHKの取材に対して、沖縄に駐留するアメリカ海兵隊は「事実を確認している。詳細がわかりしだい回答する」とコメントしています。
官房長官「あってはならない」
菅官房長官は午前の記者会見で、「防衛省からは米側から本日午前10時ごろ、普天間第二小学校の運動場に米軍ヘリのドアと思われるものが落下したとの連絡があったと報告を受けている」と述べました。

そのうえで菅官房長官は「このような事案の発生は、学校の関係者のみならず、沖縄県民の方々に不安を与えるものであり、あってはならない。政府としては引き続き情報収集にあたるとともに、米側から詳細な情報が得られしだい、沖縄県をはじめ関係自治体に通知するなど適切に対応していく」と述べました。
翁長知事が現場訪問 知事公室長「怒り心頭」
沖縄県の翁長知事は正午前、現場を訪れました。県は午後、外務省と沖縄防衛局の担当者を県庁に呼んで説明を受けることにしています。

謝花知事公室長は「県として非常に重く受け止めている。怒り心頭だ。こういったことがたび重なることは言葉にならないくらいの思いだ」と述べました。
CH53ヘリコプターとは
CH53ヘリコプターは全長およそ30メートル、重量およそ15トンで、最大55人を輸送できるアメリカ軍の大型輸送ヘリコプターです。
沖縄県では宜野湾市のアメリカ海兵隊普天間基地に配備されています。

CH53ヘリコプターをめぐっては、ことし10月に沖縄本島北部の東村の牧草地に1機が緊急着陸して炎上したほか、13年前の平成16年には普天間基地に隣接する沖縄国際大学の敷地内に墜落して炎上し、大学の校舎をはじめ付近の住宅の屋根や窓ガラスが壊れる被害が出ました。

また、普天間基地の周辺では今月7日に、保育園の屋根に「US」などと書かれた重さ200グラム余りのプラスチック製と見られる筒状のものが落下しているのが見つかり、アメリカ軍はCH53ヘリコプターのものであると認めたものの、飛行中に落下した可能性は低いという認識を示しています。
宜野湾市立普天間第二小学校とは
宜野湾市立普天間第二小学校は、アメリカ軍普天間基地の北側にあり、基地とはフェンスを挟んで隣り合っています。

学校のホームページによりますと、昭和44年に開校し、現在およそ700人の児童が通っているということです。
保護者「また起きたのか」
普天間第二小学校に3人の子どもを通わせているという母親は「学校に何か落ちたと聞いて連絡しましたが、つながらないので来ました。先週も保育園で同じようなことがあったので、また起きたのかという感じです」と話していました。   引用:NHKニュース






落ちたガラスに直接当たったわけでは無いようで、小学生児童の怪我は軽傷で済んでいます。腕に軽傷とあったので、破片か何かがぶつかったものと見られています。




沖縄の活動家がデモを始める??










「今度は小学校。なぜ人が集まる所に」。沖縄県宜野湾市の市立普天間第二小学校に13日、米軍の大型輸送ヘリの部品が落下した。「立て続けだ」「またか」。近隣住民らは相次ぐ米軍機絡みの事故に、怒りと不安の声を上げた。
 小学校近くにあるシルバー人材センターの男性職員(50)によると、何かが落ちたような大きな音はしなかったが、周辺には規制線が張られ、パトカーがサイレンを鳴らして駆け付けるなど物々しい雰囲気になったという。
 7日にあった同市の保育園に米軍機の部品が落下したとみられる事故に触れ、「立て続けで、またかと思った。どこを歩いていても危ないだろうが、今度は小学校。なぜ同じようなことを繰り返すのか」と憤りをあらわにした。
 小学校の近くにある建設会社の40代女性は「米軍機からの落下物が続いている」と懸念。「米軍基地を撤去してほしいという訴えも政府に届かず、あきれている」と怒りを隠さなかった。
 小学4年と1年の子供を通わせている男性(42)は知人からの連絡を受け、小学校に駆け付けた。子供とは連絡が取れていない。「学校からも連絡はないと思う」と不安そうな様子で語った。
 隣接する普天間第二幼稚園に6歳の孫を通わせる男性(68)は「大変なことが起きたと思って、慌てて迎えに来た」と話す。男性は「子供たちの安全に取り組んでいかないといけない」と訴えた。


引用:JIJI.COM






新聞などのマスメディアは以前から偏向報道が酷い傾向にありました。今回の事件ではヘリから窓が落下するというもので、たしかにこれは米軍のミスです。しかし「何故人の多い所に」というのは無茶が過ぎるのではないでしょうか。




何も狙ってやったわけではないはずですし、車の交通事故だって同じように事故は起こりうるものです。だからといって車を排除しろ!とはならないでしょう。




沖縄の雇用問題を取り上げれば、米軍基地のお陰で生活できている人もいるのもまた事実。それを全て撤退させるというのは・・・。何にせよ撤退させるならさせるで対策を考えなければならない事は事実で、それも含めた議論が必要だと考えられます。




最近のアメリカの動向のせいもあって敏感になりやすいのはわかりますが、それを煽るような記事ばかりが目立つのが気になりますね・・・。




Twitterでの反応





スポンサーリンク







































































意見は様々ですね。いちばん重要なのは沖縄に住んでいる地元民の言い分だと思います。県外の人たちで騒ぎ立てている印象ですが、地元民の声はあまり多く出てきません。

About 小鳥遊ユウ 552 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*