【おなかすいた(Una Casita)】激安スーパーの店舗はどこ?激安の理由は?

「おなかすいた」という激安スーパーをご存知ですか?テレビで紹介されて現在話題になっているスーパーなんです。激安で新鮮!おしゃれな店内で大人気!




しかしこのスーパーマーケットはなぜ安いのか?という疑問が浮かびますよね?今回は激安スーパー【おなかすいた】に注目してみましょう!




・おなかすいたはなぜ安い?


・おなかすいたの野菜は新鮮?


・おなかすいたの店舗はどこにある?





おなかすいたはなぜ安い?




スポンサーリンク




「激安スーパーおなかすいた」は基本的に仕入れる野菜の等級が低いのです。




ちなみに野菜の等級は基本的に見た目、大きさで決まり、殆どのスーパーマーケットが”A級”の野菜を仕入れています。




しかしこの「おなかすいた」はC級の野菜を仕入れているため、非常に安い値段で新鮮な野菜を販売できているんです。




しかしこのC級の野菜は味に問題はないのでしょうか?




調べてみると基本的に見た目が悪いという理由だけでC級にランク付けされてはいても、味には問題なさそうです。やはりスーパーマーケットなどではどれも見た目がきれいな野菜ばかりですよね。




C級であっても特に新鮮な野菜は美味しく食べられるとのことですので、心配ありませんね。

































おなかすいたの野菜は新鮮?





等級こそC級ですが、だからこそ競争相手が少なく、そして当日売り切りをしているスーパーマーケットなので新鮮さは間違いなく抜群です。しかも一日三回値引きのタイムセールもあるので、値段もバッチリです。




ちなみに当日売り切りを基本としているので店内には冷蔵設備もありません。なので次の日に野菜をもう一度店内に並べることはありません。ここまで徹底しているので新鮮さは心配ありませんね♪








おなかすいたの店舗はどこ?



スポンサーリンク





東京都

Una casita 下北沢店
〒155-0033
東京都世田谷区代田6-3-1
KAWANO SHIMOKITA NORTHビル 1階
TEL : 03-6416-8392
営業時間 : 10:00~21:00


Una casita 下北沢店

Una casita 笹塚店
〒151-0073
東京都渋谷区笹塚1-56-18
TEL : 03-6276-8313
営業時間 : 10:00~22:00




Una casita マルイ錦糸町店
〒130-0022
東京都墨田区江東橋3-9-10
TEL : 03-6659-9508
営業時間 : 月曜日から土曜日 10:30~20:30
     日曜祝祭日 10:30〜20:00



和食材専門店(青果の取扱いはございません)




Una casita ビーンズ阿佐ヶ谷店
〒166-0004
東京都杉並区阿佐谷南3丁目58-1
TEL : 03-5913-7611
営業時間 : 10:00~21:00
Una casita ビーンズ阿佐ヶ谷店



埼玉県



Una casita アリオ鷲宮店
〒340-0212
埼玉県久喜市久本寺谷田7番地1
アリオ鷲宮 1階
TEL : 0480-53-8167
営業時間 : 10:00~21:00




Una casita マルイ草加店
〒340-0015
埼玉県草加市高砂2-9-1
TEL : 048-948-6851
営業時間 : 10:30~20:00




千葉県



Una casita ダイエーいちかわコルトンプラザ店
〒272-0015
千葉県市川市鬼高1-1-1
ダイエーいちかわコルトンプラザ 2階
TEL : 047-702-5030
営業時間 : 9:00~21:00






神奈川県



Una casita オーパ新百合丘店
〒215-0021
神奈川県川崎市麻生区上麻生1−1−1
TEL : 044-712-5316
営業時間 : 10:00~21:00






Una casita サクラス戸塚店
〒244-0003
神奈川県横浜市戸塚区戸塚町4253-1
サクラス戸塚 1階
TEL : 045-438-9377
営業時間 : 10:00~21:00






Una casita ボーノ相模大野店
〒252-0303
神奈川県相模原市南区相模大野3丁目2番
ボーノ相模大野 2階
TEL : 042-705-6675
営業時間 : 10:00~21:00







愛知県





Una casita イオンモール長久手店
〒480-1127
愛知県長久手市管池167
TEL : 0561-76-5086
営業時間 : 10:00~22:00






三重県





Una casita イオンモール桑名店
〒511-0863
三重県桑名市新西方1-22
TEL : 0594-41-3370
営業時間 : 10:00~21:00





店舗はまだまだ少ないようなので、行ける範囲の人はラッキーですね。是非一度足を運んでみてくださいね♪








おなかすいたの経営理念





「肉じゃが」と聞いて何を連想しますか? 「おふくろの味」、「和食の基本」、「彼氏が彼女に作ってもらいたいものランキング1位」・・・  そこからは庶民的でどこか懐かしい、和食の代名詞というイメージが浮かんできます。

  私たちは小売という業種において「Una casita」というブランドコンセプトを作るとき、「世の中にはないたった一つの業態」を作ることを標榜しました。それはつまり「何屋さん?」と人から尋ねられた時、「一言で説明できないお店」をつくるということです。「一言で説明できるお店」は、ご承知の通り、すでに世の中に多数存在します。スーパーマーケット、ドラッグストア、ホームセンター、家電量販店、八百屋さん、魚屋さん、お肉屋さん、お花屋さん・・・。当然、私たちには、こうした既存の業態を選ぶという選択肢もありました。「一言で説明できるお店」を作れば、先輩企業たちが作り上げてきた平坦で草一つない舗装された道を、最後尾からついていけばいいのですから。銀行だって従業員の親御さんだって楽だと思います。「御社の業態区分はスーパーですよね?」、「うちの息子は家電量販店で働いてるの」と言えば、話はそれで終わります。

でも私たちは、「一言で説明できるお店」を作った先に何が待ち受けているのかを知っています。この走りやすい道のはるか先には巨大な先輩企業がひしめき合い、血みどろの価格競争を繰り広げていることを知っています。ふと目を横にやると、ものすごいスピードで私たちを追い抜いていく激安店の姿がそこにあることも、後方からは新たな激安店が私たちを追い抜こうと狙っていることも知っています。先輩たちにはどんどん先に行かれ、後方からはどんどん抜かれていく地獄のような競争が待ち受けていることを知っています。どこの会社も生き残るのに必死です。お客様の奪い合いと従業員の入れ替えを繰り返しながら、会社がなくなるまで終わることのない耐久レースを走り続けるのです。

その果てしない競争の先に、果たして「本当の幸せ」はあるのでしょうか。起業した時に作られた「お客様を第一に」、「従業員は大切に」、「お取引先の繁栄の為に」というような理念の実現は本当に可能なのでしょうか。全てのエネルギーを「価格競争」につぎ込み、誰もが疲弊しているこのレースを傍から見ていると、とても疑問に思えてきます。形骸化された理念のもと、何のためにお仕事をしているのか、何のためにその会社が存在しているのか、そんなことを考える余裕さえなくなってきます。

「私たちが私たちらしくあるため」に決断しなければならなかったこと、それは「価格競争をしない」ということでした。そして道なき道を選択し、そこで一番になるということでした。「何屋だかわからないお店」を作り、銀行や従業員を困らせるということでした。道なき道は険しいですし、困難はつきものです。理解を得るのも容易ではありません。でもそこでは「絶対的な1位」の企業として君臨することができるのです。後にも先にもその道に私たち一社しかいなくても。

アメリカのオバマ前大統領が大統領選挙の際に使っていたフレーズを覚えていますか? そうです、「Yes, we can!」 。アメリカ人ではない私たちでもみんな知っていますよね。ところが自分の会社の経営理念は日本語なのに覚えられない。こんなおかしなことが起きています。私たちが私たちらしくあるために、道なき道を選択しその先に希望を見出すために、この会社で働くものすべてが覚えられるものとして考えた経営理念がこの「肉じゃが」なのです。「肉じゃが」を装飾している言葉はありますが、私たちの「Yes, we can!」は「肉じゃが!」なのです。

「肉じゃが」に必要な材料は、お肉以外は私たちのお店で買い揃えることができます。国内産のジャガイモに人参や玉ねぎ、それにお醤油などの国内産調味料。でも100年後の日本の食卓に「肉じゃが」が存在していたとしても、食材は全て外国産に取って代わられているかもしれません。今や農業従事者の平均年齢は70歳を超え、国内自給率はどんどん減少しています。日本食を食べなくなった若者たちが増え、作り手不明の小麦粉や遺伝子組み換え大豆、高カロリーの肉類が大量に輸入されることにより、日本の生産者は一人、また一人とこの日本から消えていきます。

戦後から続いた食の欧米化、私たちの誇ってきた日本の田園風景の衰退、古来より伝わる和食材の作り手の減少・・・「本当にこれでいいのだろうか?」 私たちはそう思わずにはいられませんでした。和食は欧米食に比べ薄味ですから、白か黒かはっきりしている欧米食は若い世代を中心に人気です。しかしその食生活の先に待っているのはガンや心臓疾患などの「病気の欧米化」です。「おいしい」という定義を味付けだけで行うのではなく、将来的な病気のリスクまで含めたトータルな意味での「おいしさ」を、できるだけわかりやすくカジュアルに提案していきたい、その先に日本の生産者の一助になればという思いが私たちの経営理念には込められています。




引用:公式ホームページ





管理人的にはこの経営理念には感動しました。食の欧米化が進む日本にもこういう理念がしっかり浸透すれば変わっていくかもしれません。

About 小鳥遊ユウ 887 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*