大崎洋の経歴学歴と年収!ダウンタウン元マネの吉本会長【闇営業】

闇営業問題で話題になっている吉本興業ですが、宮迫博之さんと田村亮さんが暴露した問題の裏側には


吉本興業の闇の部分が存在しました。


それは岡本昭彦社長と大崎洋会長が握っていると思われます。そこで今回は


大崎洋会長の経歴や学歴、年収などの詳しいプロフィールを見ていきます。


さらにダウンタウンとの関係についても調べてみました。


吉本興業闇営業問題の宮迫博之と田村亮の暴露会見




スポンサーリンク





吉本興業での闇営業問題はかなり根深いところにありそうです。


元々は宮迫博之さんと田村亮さんなどの芸人が詐欺グループの宴会に出席したことが話題になりました。


そこで100万円ほどのギャラを受け取ったということを隠していたとして


宮迫博之さんら芸人グループが世間からバッシングを受けていましたよね。


会見を拒否し、ドタキャンしたとも報じられた宮迫博之さんらですが、


すぐに緊急会見で吉本興業の裏側を暴露してしまいました。


この会見で暴露された内容は


・闇営業問題についての会見を開こうとすると岡本社長からNG

・テープ回してへんやろな?会見開くなら全員クビにする。俺にはその力がある

・などとパワハラ発言。

・さらに吉本興業は在京、在阪の主要メディアが株主だと暴露。

・吉本興業は闇営業先である詐欺グループが公式のスポンサーだったことも?


芸能界を揺るがすような暴露で、これからの芸能界の縮図が変わるレベルの問題に発展しそうです。


大崎洋の経歴と学歴




スポンサーリンク







・大崎洋(おおさき ひろし)

・1953年7月28日生まれ

・大阪府堺市出身

・大阪府立泉北高校卒

・1978年、関西大学社会学部卒

・大学卒業後に吉本興業入社

・ダウンタウン元マネージャー

・現吉本興業ホールディングス会長


大崎洋会長は1980年に上司であった木村政雄と共に東京支社に異動後は、漫才ブームの時代を支えた経歴を持つ人物です。


お笑いブームが始まる時から日本のお笑い界を支えたと言っても過言ではないでしょう。


元々はサーファーで、吉本興業に入社したのも


服装が自由だから


というファンキーな一面も持っています。


そんな大崎洋会長は元々仕事が熱心なタイプではなく、適当に仕事をしながら毎日をこなしていたそうです。


しかしある時、同僚と夜通しで麻雀をやっていた際、明け方まで負け続けたことがあったそうです。


その時おもむろに窓とカーテンを開けて


絶対に出世する!!


と叫んだそうです。


人間どこでやる気が出るのかわかりませんね。笑


その日からの大崎洋会長は仕事に熱心に取り組んだそうです。そこからの仕事ぶりは凄まじく、


最終的には社長に、現在は会長になるまでに至った努力の人なのです。


ちなみに東野幸治さんも子供の名前をつける際に相談するなど、芸人からの信頼も厚く尊敬を集める存在なのだそうです。


しかしこれほどの人物が今回の闇営業問題だけで注目されてしまうのはちょっと勿体無いですよね。


1978年 吉本興業株式会社に入社

1980年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)へ上司の木村政雄と共に異動

1982年 吉本興業東京支社(当時は東京事務所)から大阪の吉本総合芸能学院の担当社員へ異動

2000年 株式会社ファンダンゴの取締役に就任

2001年 吉本興業の取締役、株式会社アール・アンド・シーの取締役に就任

2002年 株式会社有明スタジオの取締役に就任

2006年 吉本興業取締役副社長に就任

2009年 吉本興業代表取締役社長に就任

2019年 吉本興業代表取締役会長に就任



ダウンタウンの元マネージャー?








岡本昭彦社長もそうですが、ダウンタウンと関わりがある人が社長、会長に就いているのは不思議ですよね。


吉本総合芸能学院(NSC)開校時の担当社員となり、


無名時代の2人の兄貴分・マネージャー的存在として業界のイロハを教えた経歴を持っています。


大阪で人気の頂点とも言える人気にまで成長したダウンタウンを東京に進出させたのもまた


大崎洋会長だそうです。


つまり今のダウンタウンを支えたのは大崎洋会長だったんですね。


ダウンタウンも大崎洋会長には頭が上がらないと言われています。


大崎洋会長がごっつええ感じに出演した経歴も【動画】



大崎洋会長がごっつええ感じに出演した際にはドッキリ企画だったのですが、


その迫真の演技力から今田耕司が泣き出すというハプニングもありました。


その際には打ち合わせ中に大げんかしてしまうというドッキリだったのですが・・・。こちらがその動画です。






不祥事には厳しい大崎洋会長




スポンサーリンク





極楽とんぼの山本圭一の咽喉事件の際には真っ先に契約解除を決め、


不祥事があった芸人をどんどんリストラする決断をしてきた経歴があります。


大崎洋会長は以前からこう言った問題に厳しい人だったのですね。


島田紳助さんが反社会勢力との関係が報じられた際には


大崎洋会長がどのような判断を下したかは明かされていません。


しかし島田紳助さん本人に決めてほしいと考えていたと言われています。


大崎洋会長の年収は10億円?




スポンサーリンク





吉本興業の給料は1万円〜10億円なんて噂話があるのですが、


この10億円は吉本興業のトップである大崎洋会長以外にありえませんよね。


ただしこれは確定的な情報ではないために噂話程度に留めておきましょう。


もし10億円なんて年収だったらとんでもないですよね・・・。凄すぎです。


ダウンタウンの元マネージャーが社長になる理由とは?



なぜか吉本興業関連の会社ってダウンタウンの元マネージャーや関係者ばかりが社長や会長に就任していますよね。


なぜこのようになっているのでしょうか?


管理人はダウンタウンという吉本興業の最大のスターを生み出した功績からなっているのではないかと推測しました。


ダウンタウンってそれくらいにすごい経歴を持っていますからね。


そんなスターを育てた人たちが功労者として社長や会長になっているのなら納得です。



ネットの反応










About 小鳥遊ユウ 1077 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*