大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんが虐待、暴行を受け犠牲になってしまった事件で、


母親の交際相手である日渡駿容疑者が逮捕されました。頭を殴った次の日に病院に運ばれたそうです。


しかし原因は溺れたことによるものだったことも謎が残っています。


風呂で溺れさせるなどしていたのでしょうか・・・?


どちらにしても一番かわいい時期である4歳児に対して普通できることではありません。


何が原因でこんな事になってしまったのでしょうか・・・。


今回は特に気になった大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんの母親である人物が普段虐待をどう見ていたのか


なんの仕事をしていたのか、職業や勤務先の会社名などの情報を調べてみました。


普通に自分の子供が虐待を受けている状況で何もしなかったとは考えにくいですが、


実際にこのような結果になってしまった以上、母親にも責任があると考える人も多いようですね。


大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃん虐待暴行で日渡駿容疑者逮捕!




スポンサーリンク





捜査1課などによると、日渡容疑者は8月27日午後7時半ごろから同8時ごろにかけて、

自宅で大塚璃愛來(りあら)ちゃん(4)の頭部を1回、拳で殴った疑いがある。

日渡容疑者は28日午後、自ら同市内の病院に璃愛來ちゃんを連れていっていた。

29日に病院から「風呂場でおぼれたと連れてこられた女児が・・・」。

体には殴られたような複数の痕があったという。

璃愛來ちゃんは、日渡容疑者の交際相手の女性の長女で、3人で生活していたという。

璃愛來ちゃんは出水市の前、同県薩摩川内市に居住しており、

今年3月18日、同市から虐待の疑いがあるとして薩摩川内署に通報があった。

同日と翌19日、警察官や市職員らが自宅を訪れ、璃愛來ちゃんと母親に面会したが、

璃愛來ちゃんの体に暴行が疑われるような傷は確認できず、発育状態の異常も認められなかったという。

3月下旬~4月上旬には「夜間に1人で外出している」との通報を受けた同署が

計4回璃愛來ちゃんを保護し、ネグレクト(育児放棄)の疑いもあるとして児童相談所に通告したという。

引用:https://www.asahi.com/articles/ASM8072L0M80TLTB00H.html


体に殴られたような複数の跡があったこと、風呂場で溺れたと連れてこられたようですが、


実際にはどのような経緯であんな事になったのか、非常に気になるところですね・・・。


日渡駿容疑者は普段からこのような虐待を繰り返していたことが想像されますが、


交際相手の連れ子だからといってこんなことをするなんて信じられません。


4歳児とかって一番可愛い時期の子供ですよね。


そして母親は何をしていたのか、もしかすると日渡駿容疑者の暴力にさらされていたのは


大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんだけではないのかもしれません。


母親もまた暴力によって黙らされていたのなら・・・。想像もしたくないですね。


どちらにしても母親も逃げるという手段もあったはずですし、どのような状況だったのか気になります。



大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃん母親は誰?名前と顔画像



現在までに母親の名前や顔画像は特定されていません。日渡駿容疑者のSNSなども見てみたのですが、


それらしき人物は写っていません。子供とのツーショットはあるのにも関わらず、


なぜか交際相手であるはずの母親とのツーショットはないんですね。


名前や顔画像は特定できていませんが、最新情報が入り次第記事を更新していきます。


大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんの母親の職業,勤務先会社名はどこ?




スポンサーリンク





大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんの母親であり、日渡駿容疑者の交際相手、職業や勤務先などの情報がまだ


ネット上では見つかっていません。一部からは


キャバ嬢じゃないか


という推測ばかりが飛び交っていますが、それらは推測でしかないために断定できていませんね。


こういう状況になるシングルマザーはたいていそういった仕事をしているという偏見もあるのでしょうけれど、


今の所断定できるものはなにもないためになんとも言えませんね。


SNSなどを使って特定されるのを暫く待つしかないようです。


日渡駿容疑者のSNSは特定されているので、そこから辿られてすぐに特定される可能性が高いので、


記事の更新をお待ち下さい。


虐待、暴行の犯行動機とは?




スポンサーリンク





日渡駿容疑者と大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんの母親は交際関係にはあったものの、結婚はしていないようです。


つまりは連れ子で、大塚璃愛來(おおつかりあら)ちゃんの母親はシングルマザーということになりますよね。


だから自分の子供ではないというストレスを抱えていたのかもしれません。


だからといって許されるものでもないですし、連れ子がいることは承知の上で付き合っていたはずなので


弁明の余地はありませんが・・・。


若いうちに結婚したり子供を産んだりすることは悪いことではありませんが、


それでも責任の持てない親が結婚や子供を生むことはやはり問題になりがちです。


このような事件が少しでも減ってくれたらと思うばかりです。


大塚璃愛來(おおつかりあら)母親の職業は?勤務先会社名にネットの反応




スポンサーリンク