俺ガイル13巻の感想と考察!評価や内容あらすじは?

『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』ラノベ13巻、読了した感想と考察を簡単に紹介していきます。

 

まちがっている比企谷




スポンサーリンク






比企谷と雪ノ下はそれぞれの方法で共依存からの脱却を試みます。比企谷は「当て馬」としてのプロム企画をぶち上げることで、自らの「助けたい」という気持ちと雪ノ下の「自立したい」という気持ちの双方を満たすことでロジカルに共依存から抜け出そうとします。





 

しかし、これは単なる言葉遊びであり、こんな方法がうまくいくはずないと誰もが思ったに違いありません。他の登場人物たちからも総スカン。この13巻は比企谷のエゴがもたらした、言ってしまえばバッドエンドです。

 

おそらくまちがっている雪ノ下




スポンサーリンク






雪ノ下は雪ノ下で自立するためにプロムの開催に孤軍奮闘しますが、彼女も間違っているのでしょう。「自立とは、必要な時に他人に助けを求めることができる能力のこと」という考え方もあります。

 

雪ノ下は意固地になって比企谷の助けを拒絶し続けます。その固い意志は美しくも思えますが、あまりにも意地になりすぎているようにも思えるのです。

 

あくまでも正しい由比ヶ浜




スポンサーリンク






由比ヶ浜は、比企谷と雪ノ下のやり方が間違っていることを察しながら、比企谷に協力します。比企谷のことが好きだからで、それ以上の理由はありません。






 

物語の後半、比企谷と雪ノ下の原動力が「共依存からの脱却」であることを知り、陽乃に直接「共依存なんかじゃない」ことを告げます。この物語で由比ヶ浜は「間違えない」キャラクターとして造形されているので、この言葉はきっと正しい。

 

由比ヶ浜もこの関係を終わらせなければならないと苦悩していますが、その終わらせなければならない関係は少なくとも「共依存」ではなく、比企谷と雪ノ下とは別の視点で物事を考えていることがわかります。

 

葉山と陽乃の関係




スポンサーリンク






謎に包まれていた葉山、雪ノ下、陽乃の関係がこの13巻で少しだけ明らかになります。今の奉仕部の共依存のような関係は、かつての葉山、雪ノ下、陽乃が通ってきた道であることが陽乃の発言からわかります。その同じ過ちを繰り返さないために陽乃は比企谷たちにちょっかいを出しているようです。





 

陽乃はアニメ2期のあたりではストーリーの方向性を決定づける正しい人物だと思っていたのですが、ここ13巻になると、思考が幼く過去に固執する人物のように印象が変わります。

 

おそらく、奉仕部の三人が今抱える問題を解決することが陽乃にも良い影響を与え、彼女の考え方に何らかの変化をもたらすという展開になるのだと思われます。葉山も13巻ではあまりにも可哀想に描かれているので、次巻では少しでも救われることを期待したいです。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*