ピロ貴子の生い立ちや経歴と学歴は?結婚して子供は?【WIKI】

世界的に活躍されるスニーカーやシューズなどのデザイナー、ピロ貴子さんについて調べてみました。


ピロ貴子さんのデザインした靴は海外のセレブなどにも使われており、


その可愛らしいデザインからリピーターが続出しているんだそうです。


スニーカー界では神とも崇められるとか・・・!


そんなピロ貴子さんがどんな人生を送り、どんな経歴をもって世界的デザイナーになったのか


ピロ貴子さんの半生を調査していきます。


ピロ貴子さんの経歴と学歴のWIKIプロフィール




スポンサーリンク







・ピロ貴子(ピロ たかこ)

・1971年生まれ

・東京都渋谷区出身

・学歴:女子美術大学芸術学部造形計画

・プロダクトデザイン専攻

・女子美術大学付属高校


プロフィールと学歴がこのようになっています。では次に経歴を見ていきましょう。


ニューヨーク・ブルックリンを拠点にしていて、現在は有名なスニーカー専門のブランド「Circle3.nyc(サークルスリー)」

の創業者でありデザイナーでもあるという経歴を持つ日本人女性。

女子美術大学プロダクトデザイン科を卒業した後はイタリア・スペインで本場の靴づくりを学ぶ。

その後2012年にニューヨークに移住し、「走れて、かつファッショナブルなスニーカーを作りたい」

という思いで現在のブランドを立ち上げることになる。


シューズデザインを学ぶためだけに世界4カ国を回り続けたピロ貴子さん。


日本、アメリカ、イタリア、スペインとシューズのデザインを学び修行してきた経歴から


本当に靴が好きなんだなと感じますよね。


イタリアでは二人の元で修行に励んでいて、そこにスペインから修行に来た人から


「スペインで靴のデザインスタジオを立ち上げるんだけど、手伝ってくれないか?」


とお誘いが。


そうして人に導かれるようにして靴のデザインにのめり込んでいったピロ貴子さんは


スペインでも靴の修行に励み、その実力を磨いていきました。


そこでシューズデザインスタジオを立ち上げたピロ貴子さん。


その立ち上げの経歴もあり、スペインで初の自身のブランドを立ち上げることに成功。


小さなコレクションを作っては日本に帰国して売り込みをするようになりました。


雑誌などの服を見て、「自分の靴に合いそう」と思ったらすぐに


直接電話をかけてアポを撮り続けたそうです。


凄まじい執念・・・!


当時原宿にメインオフィスがあったブランドの社長さんに会うことができたことで初めて1500足ものオーダーを受けることに。


これがピロ貴子さんのデザインした靴が世の中に初めて出た瞬間なんだそうです。


センスが凄まじいピロ貴子さんでもこんなに努力されているんですね・・・。


今の自分も見習わなければならないと思ってしまいます。


ピロ貴子さんは結婚してる?子供はいる?




スポンサーリンク





ピロ貴子さんはアメリカ人の旦那さんがいらっしゃるようです。


世界中で活躍されているピロ貴子さんですからね。外国人の旦那さんというのも


頷けます。


ちなみに子供がいるかどうかというのは情報が少ないために確認できていません。


年齢的にもおそらくは子供がいると思われますが、


デザイナーなので、あまり自身のプライベートは明かしていないようです。


アメリカ人の旦那さんとの子供なので、日本人離れした見た目をしていそうですよね。


アメリカは移民が多いので見た目がどんな感じになっているかは予想がつきませんが・・・。


今現在はアメリカに移住しているとのことなので日本語はあまり話せないのかもしれませんね。


世界で活躍する日本人、かっこいいですよね。


ピロ貴子さんの家族がすごい!生い立ちとは




スポンサーリンク





ピロ貴子さんの祖父はワシントン靴店の創業者の一人で、父親も同じくワシントン靴店を継いでいます。


さらに妹、義弟も靴のデザイナーの道に進んでいるようです。


まさに靴一家・・・!


そんな靴に囲まれる生活の中で磨いてきた感性で世界中からリピーターを取る


そんなかっこいい生き方、いいですよね。


個人的に気になったんですが、やっぱり家族での会話って靴の話ばかりになるんでしょうか・・・?


こればかりは調べてもわかりませんが。


ピロ貴子さんの実家は靴屋?




スポンサーリンク





実はピロ貴子さんのご実家は東京銀座に店を構える老舗靴店の創業家のようです。


もともと靴に興味を持ったのも実家が靴屋だったからというのもあるのかもしれません。


そんなご実家で育ったピロ貴子さんは3人姉妹の次女として生まれました。


デザインを学ぶ学校に通いながら靴に囲まれた生活をしていたということで


自然とシューズデザイナーとしての感性が磨かれていったのでしょうね。


しかし実家を継ぐことはせずに自分でブランドを立ち上げたいという思いから自分で


世界を渡り歩いて学んできたというピロ貴子さん。


その強い気持ちが素晴らしいデザインの靴を作り上げたんでしょうね。


ピロ貴子さんの年収は?



自身のブランドを立ち上げている女性社長ということで


ピロ貴子さんの年収が気になるかと思います。


普通のデザイナーで大手企業で勤めた場合は年収が500万円くらいだと言われていますが、


ピロ貴子さんの場合は自分でデザインしている靴を売る社長さんですから、


その利益はかなり大きいと思われます。


年収にして1500万円はくだらないのではないでしょうか。


ピロ貴子さんのスニーカーは現在でも海外セレブに使われるなどして注目されていますし、


今後さらに注目を集めていくことになりそうです。


さいごに



今世界で大注目のスニーカーブランド「Circle3.nyc」の創業者でありデザイナーのピロ貴子さんに継いて調べてみました。


今後もスニーカーを愛する人たちからどんどん注目を集めることになりそうですね!


今では海外セレブも御用達ということで


世界で活躍する日本人として管理人も応援していきたいです。


About 小鳥遊ユウ 408 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*