リナサワヤマの経歴と家族・親の仕事は?パンセクシュアルとは?

Rina Sawayama(リナサワヤマ)さんはロンドンで暮らす日本人アーティスト。




なんとロンドン現地メディアで「次世代を担う100人」に選ばれるほどの実力とカリスマの持ち主です。




情熱大陸で紹介されたリナサワヤマさんですが、その経歴と学歴、ロンドンで暮らすようになったきっかけであるご両親について、家族について、仕事のことやパンセクシュアルとはなんなのかについても解説していきます。




リナサワヤマのプロフィール






スポンサーリンク







この投稿をInstagramで見る

arriving from Mars like 👽 I miss touring 🥺

Rina Sawayamaさん(@rinasonline)がシェアした投稿 –





・年齢:28歳

・新潟県出身

・ロンドン在住(一人暮らし)

・ケンブリッジ大学:心理学・社会学・政治学学部で政治を専攻

・10歳までノースロンドンの日本人学校に通う




リナサワヤマさんは今でこそミュージシャンとしての側面が強いですが、大学卒業後には友人のモデル事務所でモデルをやっていた経歴も持っています。




ミュージシャンとモデルどちらもできると言うのはすごいですね。




どちらか片方だけでも夢の職業とも言えると思いますが、




まさに二足のわらじを履いているって感じです。羨ましい。




実際にモデルとしての活躍もすごくて、2016年には、大阪ファッションビル「ルクア大阪」のキャンペーンモデルに選ばれ、




CMに使用された音楽も自身で制作したと言う経歴を持っています。




モデルとミュージシャン、どちらもトップレベルのセンスで世界で活躍できる日本人、




日本での活動は少ないようですが応援したい人物ですね。




今まで日本ではあまり知られていなかっただけに今後の活動も気になります。




リナサワヤマの経歴と学歴






スポンサーリンク







・10歳までは日本人学校に通う(おそらく英語が完璧ではなかったため?)

その後はイギリスの公立小学校に通う

・中学・高校も現地の学校

17歳の時にとあるスピーチを聞き、感銘を受けてケンブリッジ大学へ進学。

・ケンブリッジ大学では政治学を専攻




小さい頃からロンドンで暮らすリナサワヤマさんですが、なんと日系のイギリス人ではなく生粋の日本人です。




4歳の頃に新潟県からイギリスに移住。この時は家族の仕事が理由で移住したようですね。




イギリスに移住してから父親の赴任期間が終了してもイギリスの生活が気に入ったため母親と二人でロンドンで暮らすことを決意したそうです。




ロンドンの生活が余程気に入ったんですね。それでも




母親と二人でロンドンに残ったら父親一人で日本に帰るわけじゃないですか、





お父さん結構可哀想じゃね?





と思ってしまいましたが、それは置いておいて・・・。




そこから10歳まではイギリスの日本人学校に通い、そのまま現地の学校に進学していきます。




さらにはそのままケンブリッジ大学へと進学していくのですが、この在学中は一時期的にではありますが、音楽からは離れ、勉学に励んだそうです。




そうして卒業後から友人のモデル事務所でモデルをやったりしながら、また音楽を再開。




そうして今に至るまで音楽を続けてきたそうです。




学生時代には陰湿な差別やいじめがあったことも告白しています。




実際白人社会の国では差別がよくあることと言われています。




もちろんそれは国によっても地域によっても違うのですが、割とそういったことは珍しくありません。




そしてリナサワヤマさんもそのターゲットにされてしまったと・・・。そして一時期はうつ病を患っていたほどに弱ってしまっていたそうです。




そりゃあ、遠く離れた異国でいじめにあうなんてたまったもんじゃないですよね。




それでもそこから這い上がり、今では世界的にも注目されるアーティストにまでなっているから凄いです。




やはり何かを成し遂げる人というのは苦難を乗り越えてでも何かを成し遂げてしまうものですね。




素直に応援したい人物だと思いました。




それと個人的に梅茶漬けが好きですと答えていた姿はちょっとイイなと思ってしまいましたね。




リナサワヤマのパンセクシュアルとは?









パンセクシュアルとは、性別を全く関係なく人を愛するというセクシャリティのようです。




それってバイセクシャルと何が違うの?という疑問が出てきますよね。




・バイセクシャル=男性でも女性でも愛せる

・パンセクシュアル=性別は関係なくその人自身を愛する




ということだと解釈しました。




どちらも同じだと思う人も多いと思います。しかし、バイセクシャルは男性、女性、というボーダーラインを持っています。




対してパンセクシュアルはそういった線引きなく、その人自身、その人格などを見てただ愛するというのがリナサワヤマさんの考え方なのかなと感じています。




リナサワヤマさんの考え方の1つに「ボーダーラインなしでフラットに」という信念があります。




この考え方はおそらくリナサワヤマさんの音楽性にも、ファッションのスタイルにも出ているのではないかなと感じましたね。




リナサワヤマの家族【両親の仕事は?】






スポンサーリンク







リナサワヤマさんのご家族については軽く触れられていますが、父親の仕事の関係で赴任先がイギリス・ロンドンになったことがきっかけでロンドンに移住することになりました。




その経歴だけでも十分に凄いですが、




母親はそのまま一緒に暮らすことになったと言いますが、これって




絶対お金持ちじゃなきゃできないよね?




と思いませんでしたか?




ご家族については一般人なので詳しい情報こそ出ていないものの、間違いなくお金持ちだろうと僕のセンサーが反応しています。




だって母親と二人でロンドンに残っている間の生活費とか学費とかってお父さん一人で出している可能性があるわけじゃないですか。




外資系ですか、そうですか




ということでおそらくは外資系の企業で働く方なのだと予想できます。




しかしネット上を調べてみてもいまだにその仕事がなんなのかまでは出てきていません。




やはり一般人である以上これ以上詳しい情報はネット上では手に入らないですね。検索しても出てこなかったのでこれ以上は調べても無駄かもしれません。




リナサワヤマの兄・澤山大輔






スポンサーリンク







ちなみにリナサワヤマさんには兄がいるようですね。Twitterにてそのお兄さんの情報がありました。




・澤山大輔

・ブランドエディター

・編集者歴15年目

・webコンサル




澤山モッツアレラという名前でTwitterをやっていたところを発見いたしました。









兄妹揃ってなかなか凄い経歴をお持ちですよね・・・。ブランドエディターということですでに活躍されている方のようです。




東京都在住とのことなので、おそらくは父親と一緒に日本に戻った方なのでしょう。




お父さんは一人じゃなかったんですね・・・。よかった・・・。






まとめ





遠い異国の地とはいえ、日本人が世界で注目されるアーティストとして活躍しているのってイイですよね。




思わず応援したくなります。リナサワヤマさんは生粋の日本人でありながらロンドンで暮らすアーティスト。




さらに梅茶漬けが好きというのが僕はグッときました。




そして気になる今後の活動についてもこれからの動向をチェックしていこうと思います。




パンセクシュアルやその経歴・学歴、ご家族などについて気になって調べてみましたが、やはりかなり魅力的な人物だと思いました。




これからもますますの活躍を応援しています!














About 小鳥遊ユウ 996 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*