ロシアの旅客機が墜落!なぜ墜落した?飛行機は危険なのか?【原因】

ロシアの旅客機が墜落し、情報が少しづつ入ってきているようですね。問題の旅客機はロシア製のAN148型機というもので、離陸後間もなくして墜落したとのことです。現在フライトレコーダーの一つが見つかっているとのことで原因究明を急いでいるようです。こういった飛行機の事故はなぜ起こるのか、飛行機自体は危険なのかということで、気になる情報をまとめてみました。




・ロシアの旅客機が墜落!なぜ墜落したのか、原因は?


・飛行機って危ないの?バードストライクの可能性


・旅客機はロシア製で整備不足?





ロシアの旅客機が墜落!なぜ墜落したのか、原因は?





スポンサーリンク







ロシアの旅客機が墜落した事故で、現在原因ははっきりと分かっていません。しかし離陸後わずか4分という短い時間での墜落ということがわかっています。こんなに短い時間で墜落するということは整備の段階での不備があった可能性や、バードストライクの可能性が高いですね。




整備の不備はもうなんともいえませんが、バードストライクに関しては自然の生き物のことなので防ぎようがない部分がありますよね。




バードストライクとは、飛行中の旅客機のエンジンなどに鳥が突っ込んでしまい、その衝撃や体が機械に巻き込まれるなどしてエンジンなどに不調が出てしまい、それを原因として墜落してしまうなどの事故につながる現象のことです。




簡単に言えば鳥さんとゴッツンコしてしまうということです。しかし通常旅客機は200〜300Kmほどのスピードが出ていることが多く、鳥の衝突ほどの衝撃でも飛行機には重大なトラブルが発生する可能性があるのです。




空港などの滑走路の近くでは動物などがいる場合、一時離陸を中止して、離陸を見合わせることがあります。その時に登場するのが動物を追い払うための係の人がいるのです!「え!?そんな係の人が居るの!?」と思われるくらいあまり知られていませんが、実際にそういったお仕事をされている方もいらっしゃるようですね。




しかしそれでも自然現象である以上防げる可能性は100%ではありません。コレばかりは仕方のないことでしょう。




もちろん、日夜バードストライクを防ぐための研究がなされていますので、そういった事故は年々減っていくでしょう。そうなって欲しいですね。









ロシア旅客機は整備不足で墜落した?飛行機って危ない??





通常、飛行機事故の可能性は車での交通事故よりも確率が低いと言われています。多くの人を載せますし、海外からのお客さんも居るわけですから、かなり慎重になるのはもちろんですし、飛行機の事故って一年に一件あれば「うわ!飛行機の事故だ!」ってなりますけど、車は每日何処かで事故がありますからね。当然確率は低いわけです。




しかしそれでも心配になってしまうのが人間の性です。飛行機が怖いって人、いますもんね。こればかりはなれるしか無いでしょう。




ロシアの旅客機の墜落原因は未だ特定されていませんが、実際のところ考えられるのは先述した”バードストライク”か、あるいは整備不良でしょう。




整備不良が原因だった場合、ちょっと責任の置き所が変わるので別問題になりそうですが、可能性は捨てられませんよね。




通常、旅客機の整備不良は起こらないように各航空会社では徹底して管理しています。しかし整備するのも人間です。ミスがないとも限りませんし、体調の変化などもあり、100%の整備というものは存在しないでしょう。




ロシアの航空会社ではどのように徹底しているかはわかりませんが、基本的に事故がないということは徹底して安全管理をしているということです。今回の事故はどのようにして起こったのか、原因がわかり次第詳しく書こうと思います。




Twitterの反応





スポンサーリンク





























































































About 小鳥遊ユウ 552 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*