洗剤チャレンジが日本でも流行?中毒症状の危険と治療法とは【頭悪すぎ】

アメリカ国内で流行中の洗剤チャレンジというものが日本でも流行する可能性があるのでは?とニュースになっています。Youtuberとかがやりそうなネタですね〜。しかし今まで流行ったアイスバケツチャレンジなどと違い、洗剤チャレンジは非常に危険だということで中毒症状などの恐れがあると注意を呼びかけています。


やらないことが一番ですが、その治療法や、そもそも洗剤チャレンジってナニ??という人の為に記事にまとめてみようと思います。


・洗剤チャレンジってナニ?どんなことをするの?


・洗剤チャレンジは危険!アメリカ発の流行


・洗剤チャレンジで潜在中毒になった場合の治療法や対処法





スポンサーリンク







洗剤チャレンジってナニ?どんなことをするの?










日本でも昨今、濃縮された洗剤がソフトカプセルに入ったジェルボールが普及しているが、そのカラフルな見た目から幼い子がグミキャンディなどの菓子と間違えて誤飲する事故も発生していた。

だが北米を中心に、ジェルボールをピザのトッピングにして面白おかしく見せたり、口に入れたりといった愚行を動画や写真に撮りSNSに投稿する「タイド・ポッド・チャレンジ(Tide pod challenge)」が10代の若者の間で流行しているという。“タイド(Tide)”とは、プロクター・アンド・ギャンブル社(P&G)が販売している洗濯用洗剤の商品名だ。

この危険な行為を撮影した動画では、若者がジェルボールを口に入れ、軽く噛み潰して洗剤を吐き出している様子も見られる。

『The Sun』によると、ある10代女性はメッセージアプリ「WhatsApp」で噂で知り、夕食前にジェルボールを口に入れて噛む様子を撮影しTwitterに投稿したという。その動画は人々にシェアされていったが、母親に見つかってしまい投稿を削除したとのことだ。



引用:https://www.excite.co.jp/News/world_clm/20180119/Techinsight_20180119_464222.html





日本ではまだ流行にまでは至っていないようですが、北米中心に流行っているようですね。選択用洗剤のジェルボールを口に入れて噛み潰し、吐き出すというよくわからないものですが、見る側にとっては面白いのでしょうかね。管理人はあまりおもしろいとは思いませんが。笑




今までの悪ふざけ動画と違い、洗剤チャレンジは非常に危険です。ニュースなどでも呼びかけているように、洗剤中毒になってしまう可能性があるとのことで、最悪の場合帰らぬ人になる可能性も。絶対に真似してはいけません。




特に小さい子供などが真似をしないように、お子さんがいるご家庭では気をつけてくださいね。見た目的にも危険を感じにくいものですからね・・・。




洗剤チャレンジは危険!洗剤中毒になったらどんな症状が出る??





症状としては腹痛や下痢、下血や痙攣、風邪に似た症状になることもあるようです。最悪の場合、帰らぬ人になります。普通に使っていればまず、洗剤を飲み込むことはないでしょうが、普段から接している日用品でもあるので扱いには十分気をつける必要があります。特に子供がいる家庭では気をつけましょう。




そして洗剤チャレンジなどで、洗剤中毒になってしまった場合、というかやらないのが一番の対策法なのですが・・・。もし摂取してしまった場合、速やかに吐き出させることが有力です。




あるいは緊急策として、牛乳を大量に飲ませることで一時的に症状は和らぐ可能性があるとのことです。スグに病院に駆け込むようにしてくださいね。




日本ではそんなに流行らないとは思いますが・・・。もし流行ってしまったら子供がいる家庭では心配でしょうね。子供同士で悪ふざけをしてしまう可能性があります。洗剤の置き場所などは徹底して管理しましょう。














この流行自体意味不明ですが・・・。やはり日本ではあまり流行らないでしょうね。危険すぎます。




Twitterの反応





スポンサーリンク





















































































































About 小鳥遊ユウ 642 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*