台風20号東京大阪への進路予想!シマロンの名前の由来って?

2018年8月、台風20号が発生しました。台風19号と連続して日本へ上陸する見込みです。まずは進路予想と、東京大阪への上陸する予想日から見ていきましょう。また、シマロンの名前の由来とは?気になる台風情報まとめです。




・台風20号の東京大阪への進路予想


・シマロンの名前の由来は?


・2018年8月台風多すぎ





台風20号の東京大阪への進路予想





スポンサーリンク











20日までの進路予想です。小笠原諸島では20日、21日と高波が予想されているようです。




予想では23日前後に九州・奄美地方付近に上陸する見込みとのこと。大阪、東京でも雨などの影響が出そうですね。









現段階での進路予想では西日本を直撃することになりそうです。23〜24日前後は特に気をつける必要がありそうですね。しかし現在のところの予想でしか無いので、度々進路予想をチェックしてみることをおすすめします。




台風20号の概要






台風20号

2018年8月19日10時30分発表 台風第20号は、19日9時にはトラック諸島近海にあって、北西へ毎時20kmで進んでいます。中心気圧は1000hPa、中心付近の最大風速は18m/sです。この台風は、20日9時にはマリアナ諸島に達するでしょう。21日9時から22日9時にかけては小笠原近海を北西に進む見込みです。この方面の船舶は、十分な警戒が必要です。次回の台風情報は、19日16時30分の予定です。


台風20号
名称 CIMARON(シマロン)
大きさ —
強さ —
存在地域 南鳥島近海
中心位置 北緯15度10分
東経151度50分
進行方向 北西
速さ 20km/h
中心気圧 998hPa
最大風速 中心付近で20m/s
最大瞬間風速 30m/s
暴風域
(25m/s以上) —
強風域
(15m/s以上) 中心から280km  引用:Yahooニュース





台風20号シマロンの名前の由来とは?





スポンサーリンク











シマロンとはフィリピン名で”野生の牛”だそうです。実は台風に名前をつけ始めたのは平成12年の台風1号からで、この頃から英語の名前を140個用意し、順番に使っているのだそうです。




そうして名前が一巡したら、また最初から同じ名前を使ってローテーションを組んでいると・・・。




また、大きな災害をもたらした台風の名前は「台風委員会加盟国」からの要請を受けて、その名前を以後の台風に使わないようにすることもあるのだそうです。意外と細かく決まってるんですね・・・。




今回の名前はシマロン、フィリピン名で野生の牛。何かと動物にたとえられることが多いみたいです。これは国ごとにいくつかの名前が登録されていて、日本から出ている名前は「ヤギ」や「てんびん」、「うさぎ」などです。




日本語にした途端かわいいな、おい。




それぞれ各国から台風の名前が登録されているので、次の台風からも「どこの国の名前かな?」と調べてみるのも良いかもしれませんね!




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*