白猫プロジェクトが配信停止!?特許侵害で任天堂が訴える!【決定?】

大人気スマホゲームの「白猫プロジェクト」が配信停止に追い込まれています。その理由は任天堂の特許侵害で提訴されたことによるとのことです。ネットユーザーの中でも多くの声が上がっているようです・・・。
果たしてこのまま白猫プロジェクトは配信停止にまで追い込まれてしまうのでしょうか。




・白猫プロジェクトが配信停止確定か!?


・白猫プロジェクトのパクリ疑惑!?特許侵害とは?


・白猫プロジェクトが配信停止したら、今までのアカウントは消されてしまう??





白猫プロジェクトが配信停止確定か!?




スポンサーリンク







コロプラは1月10日、任天堂が同社に対し、スマートフォン向けゲーム「白猫プロジェクト」の配信差し止めと損害賠償44億円の支払いを求めて東京地裁に提訴したと発表した。

 提訴は2017年12月22日付。任天堂広報室によると、任天堂は5件の特許について侵害されたと主張。「タッチパネル上でジョイスティックを操作する際の技術の特許」などが含まれているといい、現時点ではそれ以上の回答は控えるとした。


コロプラによると、16年9月に任天堂から特許侵害の指摘を受けたという。「1年以上にわたり時間をかけて真摯かつ丁寧に、任天堂の特許権を侵害しないことを説明したが、当社の考えが任天堂に受け入れられるには及ばず、訴訟を提起されるに至った」という。

 コロプラは「当社のゲームが任天堂の特許権を侵害する事実は一切無いものと確信しており、その見解の正当性を主張していく方針」と争う構えだ。同社の広報担当者は、「具体的な内容に関しては、係争中のため回答を控える」としている。


引用:http://www.itmedia.co.jp/business/articles/1801/10/news102.html





一年以上にも渡っての協議の結果が特許侵害とあっては任天堂とコロプラの争いは止まらないでしょうね。そうすると圧倒的に不利なのはコロプラでしょう。なんせゲーム開発の老舗とも言える任天堂と真正面から戦うことになるからです。




持っている特許の数も、売上も会社の規模も任天堂はかなり規模が大きいですからね。しかも今回は任天堂側が特許を侵害されたという”被害者”側であることも大きくコロプラにとっては不利な条件と言えます。




その部分をどれだけ弁明できるのか、というのがポイントになりそうですね・・・。



















白猫プロジェクトの特許侵害って何??





特許侵害が確認されているのは5件だと言われています。その5件全ては公表されていないようですが、その一つに白猫プロジェクトの「ぷにコン」があるようですね。これは任天堂が先に出した特許技術の一つで、「ジョイスティック操作に関係する特許技術」とのことです。



しかも損害賠償は44億円。これは負けた場合、白猫プロジェクトの配信停止だけでなく、コロプラのこれからも潰れる可能性が高いですよね。














Twitterの反応





スポンサーリンク







































































About 小鳥遊ユウ 799 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*