SK会長チェ・テウォンに息子や娘(子供)は?家族と妻【韓国1兆ウォン離婚】

韓国SKグループの会長の離婚騒動が話題になっていますね。今回話題になっているSK会長の
チェテウォン氏の離婚で騒がれているのは、なんと離婚に対して妻が1兆ウォンものお金を請求していること。

韓国でも3位に当たる財閥の会長の離婚騒動なので、韓国国内ではかなりのビッグニュースになっているんですね。
最近では度々日本国内でも韓国のニュースが入るようになってきましたが、
このようなお家騒動のようなニュースが増えているのは何故なのか?ちょっと気になりますね・・・。

今回はSKグループ会長のチェテウォン氏に息子はいるのか?家族や妻の情報を調べてみました。


スポンサーリンク




SK会長チェテウォンの経歴





職業・肩書実業家:SKグループ会長・共同CEO
国籍:韓国
生年月日:1961年
学歴:高麗大学,シカゴ大学
経歴韓国財閥3位のSKグループ創業者・崔鍾建の弟で実父・崔鍾賢の死去に伴い、1998年SKグループ会長となり事業を継承。2007年CEO(最高経営責任者)、2008年共同CEO。M&Aを通じて通信、半導体へと多角化を進める。その後、横領の罪で2年半収監されたが、2015年特赦で現場に復帰した。


チェテウォン氏はSKグループの会長を務める人物です。学歴は韓国でも有数の名門大学、高麗大学、そしてその後シカゴ大学に進学した
まさにエリート中のエリートです。

父親の後を継ぐことでSKグループの会長になった経歴を持っていますが、その実力は学生時代からしっかりと
発揮していた方なんですね。

横領の罪で2年半収監された過去も持っていますが2015年には復帰。現在までSKグループの会長として財閥を
引っ張ってきた存在です。

韓国では特に財閥の力は大きく、国の経済のほとんどを財閥が引っ張り上げている現状があります。
サムスンなどに代表される大企業が国の経済の土台になっているという状況から見れば
韓国で大ニュースになることも頷けます。

また、隣国である日本にとっても大きな影響がある可能性は否定できません。


スポンサーリンク




妻・盧素英(ノ・ソヨン)の離婚の原因





チェテウォン氏の妻は1兆ウォンもの要求をしたことで話題になっていますが、
離婚の原因はなんだったのでしょうか?

離婚以前から夫婦生活は事実上破綻していると言われていて、
現在はすでに別の女性と暮らし、さらには子供までいるということがわかっています。

これが決定打になり離婚となったのですが、離婚騒動に置いて最も驚きなのが
それに対する妻であるノソヨン氏の要求の大きさです。

1兆ウォンにも上る金銭の要求をしたことで韓国で大騒ぎとなっているのです。


スポンサーリンク




SK会長チェテウォンに息子や娘はいる?【子供】





チェテウォン会長には現在別の家族がいるために子供がいることもわかっています。
離婚騒動となっている妻とは息子や娘などの子供はいるのでしょうか?

現在までに息子や子供に関する情報は特定されていません。
財閥の息子や娘ともなればスキャンダルのタネになりかねませんし、
狙われてもおかしくありません。

だからこそあまり情報を公開していないのかもしれません。
こちらはわかり次第記事を更新していきます。




スポンサーリンク