『ドーピング』フロセミドはスポーツにどんな影響がある?復帰は?『木幡育也騎手』

木幡育也騎手は14日、禁止薬物の使用、つまりドーピングの疑いで30日間の出場停止処分を受けました。まだ弱冠18歳の若手である騎手なので残念な気がしますが、このドーピングとされた「フロセミド」にはどんな効果があるか、調べてみました。




フロセミドの効果



スポンサーリンク





基本的に利尿作用のある薬のようですね。実際の所、スポーツでのパフォーマンスに関して効果があるとは思えないので、おそらく故意にやったわけではないでしょう。記事を調べてみると、もしかしたら減量の為に使ったのでは、という記事もありました。




申請をすれば大丈夫なようですが、今回は申請漏れが仇となったんですね。




未来ある若手騎手なのに残念です。復帰まで待ちましょう。




なぜ禁止になっているの?





この「フロセミド」スポーツをする上で有利になるような効果はないのにも関わらず、なぜ禁止になっているのでしょうか?




主な効果、効能は利尿作用ということで、主に禁止されている理由としては、禁止薬物、ドーピングした薬を体外に排出するために使われることを防ぐためのようです。




つまり証拠のいんぺいですね。管理人の個人的な意見で言えば、木幡育也騎手がそのような意図をもって使ったとは考えにくいと思います。元々優秀ですし、若手ならばドーピングせずとも、まだまだ伸びしろがあるはずだからです。




復帰はいつ?




スポンサーリンク




10月13日(金)まで30日間騎乗停止となっているため、10月14日(土)以降には活動再開が出来るということですね。30日間…で良かったですね。もっと長ければ辛かったでしょう。




どういう理由で使っていたかはまだ不明ですが、本人の意思でドーピングするために使ったとは思えません。ですが規則は規則。そこは仕方ないというのがプロの仕事ですよね。




復帰までの間、トレーニングなどをして、復帰後の活躍に期待したいですね。




まとめ





フロセミドは利尿効果がある薬




スポーツにおいて有利になるような効果はない




フロセミドはドーピングの証拠いんぺいに使われることもある




復帰は10月14日以降になる予定




それまでは出場停止




フロセミドは他のスポーツでも一発で厳しい罰を受ける





やはり証拠隠滅に使える薬とあっては一発で出場停止も仕方ないですよね、理由はどうであれ。




本人が何のために使っていたのか、普段から使っていたのかなどはまだ明かされていませんが、本人によると「知人から受け取った」としているので、普段から使用しているわけではないのでしょう。




証拠隠滅についてですが、今現在はドーピング検査の精度も上がっているため、完全には証拠隠滅できないそうです。技術の進歩はすごいですね。




今回の出場停止処分、あなたはどう思う?



About 小鳥遊ユウ 850 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*