SSSS.GRIDMAN2話の感想と評価!内容とあらすじは

話題作『SSSS.GRIDMAN』の第2話です。あらすじと感想、OP曲・ED曲についてを紹介していきましょう。

 

第2話「修・復」のあらすじ・感想




スポンサーリンク






『SSSS.GRIDMAN』のもうひとりのヒロインである新条アカネが、街を脅かす怪獣を出現させているらしいことが示唆されます。それと共に、グリッドマンの正体である主人公ユウタに興味深く接触してきます。彼らは高校の同級生です。

 

新条アカネは非常に謎めいたキャラクターでありながら、オタク気質で巨乳、理不尽でサディスティックな性格からとても魅力的でもあります。ネット上でもイラストなどが大量に投稿されていて、その人気のほどがうかがえます。







 

さて、彼らが通う高校ではいつもの日常、かと思いきや、六花が異変に気づきます。同じクラスの友達が姿を消しているのです。他の友人に聞いても、そもそもの記憶がない様子。つまり、覚えているのは六花だけ。

 

この現象はグリッドマンの活躍によって第2話の最後で解決されるのですが、今後の展開で鍵となるはずです。怪獣の出現やグリッドマンと何か深い関係があるのでしょうか。そう言えば、主人公のユウタも記憶喪失であることが第1話で示されています。








 

OP曲「UNION」




スポンサーリンク






OP曲はオーイシマサヨシの「UNION」です。作詞オーイシマサヨシ、作曲は「O × T(オクトと読む)」というオーイシマサヨシとTom-H@ackによるユニットです。このユニットはアニメ・オーバーロードの主題歌を担当していることでもお馴染みですね。

 

ヒーロー物の王道とも言うべき非常に盛り上がるキラーチューンです。サビの歌詞「目を覚ませ 僕らの世界が何者かに侵略されてるぞ」は早くもパロディーとして様々に改変されてネット上で盛り上がっています。

 

ED曲「youthful beautiful」とEDの映像





スポンサーリンク






ED曲は人気声優「まれいたそ」こと内田真礼の「youthful beautiful」です。こちらも親しみやすいメロディーと疾走感があるロックチューン。作詞・作曲・編曲のRIRIKOは新進気鋭のシンガーソングライタで『クジラの子らは砂上に歌う』のOP曲でお馴染みです。

 

EDで注目すべきはその映像の美しさ。実写とアニメを融合させたような演出は一見の価値ありです。また、その映像の中でダブルヒロインの六花とアカネが仲良くしているような百合っぽいシーンが散見されます。

 

物語の中で六花とアカネが仲良くしているシーンはまだ一度も出てきていないので、この映像は今後の展開の何かを示唆するものであるかもしれません。





スポンサーリンク

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*