日中シンクロを使った撮影

こんにちは、コーヒーは無糖派。タカナシです。

今回はまた簡単な撮影テクニックについてです。日中シンクロと呼ばれるテクニックですね。
簡単に説明すると明るい場所での撮影でカメラのフラッシュを使うことです。とってもシンプルながら写真のかっこよさが増しますよ。





スポンサーリンク




明るいのに何故フラッシュを使うの?


このテクニックが活きるのはズバリ逆光です。逆光での撮影時、人物などの顔や細部が暗く潰れてしまった写真や、逆に人物を綺麗に写すために露光量を上げてしまい、背景が白飛びしてしまうことってありますよね?





これを防ぐために使うのが日中シンクロと呼ばれるテクニックなのです。背景をきちんと写しながら、人物にはフラッシュを当て、ハッキリと写す。こういったメリハリをつけるだけで写真はかなりかっこよくなります。





よくモデルさんの撮影なんかでは白いレフ板などをかざしている光景がありますが、これも同じ原理です。が、カメラとレフ板を常に持って歩くのはあまりいい方法とは言えません。





なのでまずはカメラに内蔵されているフラッシュから使ってみましょう。逆光の写真で言えば、あえて人物を影として写す場合もあるので、その場合は普通に撮りましょう。





逆光を利用した撮影方法


日中シンクロの他にも、逆光時の撮影ではドラマチックに写せたり、アーティスティックな雰囲気や柔らかな雰囲気など、いろんな写真が撮れるチャンスです。代表的なものでいえばやはり人物風景ですよね。





それ以外にも料理や建造物なんかもなかなか良いです。こういった写真を柔らかにふんわりした雰囲気で写す非常に簡単な方法が逆光で撮影することなのです。





やり方は逆光で撮影時、露出をプラスにしてみる、何枚も撮影しながら調整していくと尚良いですね。自分が納得するくらいに調整してみてください。さらにふんわりとした雰囲気が欲しい場合はピクチャースタイル(キヤノンの場合)でコントラストやシャープネスを低めに設定してみましょう。これだけでかなり雰囲気は変わりますよ♪

こうすることで輪郭が曖昧になり、光の入り方によってはキラキラしたようなふんわりしたような写真が撮れます。





ちなみに内蔵フラッシュを使うことでももちろんできますが、やはり外付けのフラッシュを使うと雰囲気はさらに変わりますし、日中シンクロでも強い味方になってくれます。恐らく内蔵フラッシュを使い慣れると物足りなく感じてくることでしょう。





外付けのフラッシュを購入する場合、個人的には正規品をおすすめしています。(キヤノンであればキヤノン製)なぜなら、初心者であるうちはフラッシュの性能や使い方などを把握していない場合が多いので、最初からサードパーティ品を買ってしまうとあまり使いこなせない上に、やはり性能で劣る場合が多いので最初は正規品をおすすめしています。(ボクの経験談でもあります。笑)





今回は日中シンクロのテクニック紹介でした。いかがでしたでしょうか?是非皆さんのカメラで試してみてくださいね!なにより色んなテクニックを試してみることが上達と楽しみが増える要因になります。





次回もまたよろしくおねがいします!それでは〜。

About 小鳥遊ユウ 850 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*