竹鶴終売の理由とは?17年21年25年の原酒不足はいつまで続く?【ウイスキー】

ウイスキーの竹鶴の長期間熟成の17年、21年、25年のボトルが原酒不足ということで
終売になってしまうという事がわかりました。

この終売はいつまで続き、いつから復帰するのか?
お酒が好きな管理人としてもかなり気になったので調べてみました。

竹鶴が終売になると聞いて一番最初に思いついたのは
外国からの人気ですよね。日本のウイスキーの評価が上がり続け、
最近では飛行機の中でも人気のウイスキーとして提供されていますね。


スポンサーリンク



竹鶴17年|21年|25年の終売が発表



竹鶴の高級ラインである熟成の17年・21年・25年の
3種類が終売する事が決まりました。

国内のウイスキーファンからしたら衝撃的な事ですよね。
熟成の高級ラインはハイボールにはちょっともったいないというような感覚で、
家でじっくり飲みたいという感覚のお酒だと思います。

こちらがまさかの終売という事で、人気絶頂の今、なぜ終売になってしまうのか?
と気になった方も多いかと思います。

という事で今回は終売になってしまう3種類の理由を解説していきます。


スポンサーリンク




竹鶴終売の理由とは?



竹鶴の高級ラインということで販売してきた熟成のウイスキーについて、
終売になってしまうというとちょっと理由が気になりますよね。

管理人もよく見かけるのですが、日本のウイスキーって海外で結構評価されているんですよね。
そういう影響もあってか、竹鶴も終売に追い込まれてしまうくらいに買い込まれてしまっている事が
理由だと考えられます。

飛行機のビジネスクラスなどでも竹鶴などの高級ウイスキーが好まれ、ボトルではなかなか買えない状況が
続いていました。

ということで確実とは言えないものの、日本のウイスキーがどんどん売れている事が竹鶴の終売の理由に
つながっている可能性があります。


スポンサーリンク




原酒不足とは?



竹鶴が終売する理由の一つで原酒不足が挙げられています。ウイスキーの原酒は
熟成するのに時間がかかります。

樽に入れた後も香りをつけたり、コクを深めるために時間をかける必要があるのですが、
この原酒が足りないほどに売れているという事ですよね。

原酒不足によって終売に追い込まれてしまうくらいに海外で売れているというのは
間違いない事実だと思います。


スポンサーリンク




いつまで原酒不足が続く?



原酒不足による終売と発表されましたが、この原酒不足はいつまで続くのか?
気になりますよね。
こちらの原酒不足解消についてはメーカーからの発表はありませんでした。

管理人としてもウイスキーが好きなので、いつまでこの状況が続くのか、
かなり気になりますが、公式からの発表を待ちましょう。

早く原酒不足を解消して欲しいですが・・・。
いつになるのかわかりませんね。