谷岡郁子の選挙法違反疑惑の真相!パワハラ会見で態度が悪いと炎上【性格】

谷岡郁子さんのパワハラ会見が炎上しています。元々は伊調馨選手に対する栄和人監督のパワハラ問題で、内閣府に告発状が送りつけられるなどの問題があったのですが・・・。なんと至学館大学の学長である谷岡郁子さんが怒りに任せた会見を開き、「伊調馨さんは選手なんですか?」なんて発言までしてしまいました。火に油を注いでしまったんですね。しかも会見中は足を組んでいたりと非常に態度が悪いと話題になっているのです・・・。しかも過去にも選挙法違反の過去が。




・谷岡郁子学長は過去に選挙法違反疑惑があった!


・谷岡郁子学長のパワハラ発言


・谷岡郁子学長は権力を振りかざしている!?






スポンサーリンク






谷岡郁子学長は過去に選挙法違反疑惑があった!





谷岡郁子学長は現在、至学館大学学長であり、レスリング協会副会長という立場ですが、過去には民主党の議員をやっていたことがあります。当時選挙法違反とも取られかねない行為をしていたことがわかっています。




2007年、当時まだ当選前だったにも関わらず「自分の名前を書いた文書を約3000枚不特定多数に配送する」という売名行為をしていました。もちろんコレが本当なら選挙法違反になります。




これに対し記者会見を開いた谷岡郁子学長は「姑息な売名行為に頼ろうとしたわけではなく、疑いをかけられるのは心外だ。多忙で(結婚式の)準備の時間が十分になく、(送付先の)精査が不十分だったかもしれないが、不特定多数に送り付けたわけではない」と否定しています。




しかしこれは当時新聞に載っていたほどで、実際に厳重注意を受けています。





スポンサーリンク






谷岡郁子学長のパワハラ発言





谷岡郁子学長のパワハラ会見では明らかに権力を振りかざした発言が繰り返されています。「そもそも伊調馨さんは選手なんですか?」という発言は特に批判を集めていますし、その後も「選手でない人、五輪を目指すはずがない人の5連覇を阻止するということが存在するのでしょうか」なんてことも発言しています。




これは完全に伊調馨選手のことを侮辱していますよね。選手として成績を出しているだけでなく努力している人を見下しています。




しかも谷岡郁子学長は伊調馨選手を選手ではないとして扱っていることがわかります。




その後もパワハラ発言は続きます。「(道場の使用について)私が使わせると言えば、いつでも使うことが出来ます。」つまり栄和人監督と一緒になってパワハラしていた可能性もあるということでしょうかね・・・。




「その程度のパワーしかない人間なんです。栄和人は。」 「パワーのない人間によるパワハラというものが私には理解できません。」




非常に権力的な言い回しですよね。遠回しに「私には権力がありますから。」と言っているような気がします・・・。




会見中は特に目立っていたのが「伊調さん」と伊調馨選手の事は呼ぶのに対し、吉田沙保里選手と栄和人監督、栄和人監督の娘”栄希和”選手に対してはなぜか「名前呼び」しています。




明らかに栄和人監督側に立っているという立場が見て取れますね。




そうすると谷岡郁子学長は至学館大学の学長として中立の立場で立っているわけではない、ということでしょうか。これってパワハラ体質まんまじゃないでしょうか・・・。




ちょっと怒りに任せすぎて会見しているように見えます。それと客観的事実や内容をもう少し調べて会見を開くべきだったでしょう・・・。ネット上では特に「態度が悪い」 「この会見がパワハラだよね」などとすぐに書き込まれています。




そしてこのパワハラ会見ではなんと「パワハラが学内であったかどうかを調べていない状態」であることがわかります。




せめて調査をしてから会見を開けば結果は少し違ったのかもしれませんね・・・。




スポンサーリンク







Twitterの反応
























谷岡郁子学長のパワハラ会見動画はコチラ


伊調馨選手とパワハラ問題の記事はコチラ

About 小鳥遊ユウ 506 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*