TARI TARI 2期続編はいつから放送?続きの内容とは

『TARI TARI』は2012年の作品ながらもいまだに根強い人気を誇るアニメです。その人気を象徴するかのように、2018年8月から『TARI TARI』の続編小説が電子書籍にて刊行されています。

 

果たして『TARI TARI』2期はあるのか?時期と可能性は?を調査・考察しました。

 

原作はある?




スポンサーリンク






『TARI TARI』はP.A.Worksによるオリジナルアニメですので、1期の原作はありません。







 

ただし、登場人物たちの10年後を描く物語『TARI TARI ~芽吹いたり 照らしたり やっぱり時々歌ったり~』が2018年8月から電子書籍にて刊行(連載)されています。橋本昌和監督自らの手によるスピンオフ小説です。

 

刊行ペースはおよそ1ヶ月に1度で、紙の本で40〜50ページ相当です。2019年1月時点で第5話までが発売されています。

 

続編小説で2期は作られるか?




スポンサーリンク






この続編の物語がどの程度のボリュームで完結するかは未定です。ただ、2期を製作するためには小説でおよそ1200ページ程度の量が必要となると見込まれます。そのストックが溜まるには続編小説でおよそ24話分が必要となり、このペースでの刊行となると2020年8月頃となります。







 

かなり先の話で、そこまで連載が続いているかどうかは大きな疑問ですね。

 

さらには、このスピンオフ小説は『TARI TARI』1期から10年後が舞台ということで、主人公たちは20代後半となっています。アラサーの物語がアニメとして需要があるようにはなかなか思えず、アニメ化されづらいように思います(個人的には見たいと思いますが)。

 

ということで、『TARI TARI』2期が作られるとなるとこのスピンオフ小説を原案にすることになるでしょう。しかし、アニメ化はハードルが高いように思ってしまいます。

 

円盤売上は?




スポンサーリンク






続編が作られるかどうかは円盤(DVD/Blu-ray)の売上が一つの指針になると言われています。製作費回収の貴重な収益源となるからです。







 

『TARI TARI』の円盤の売上は1巻で10,000枚を越えており、商業的には大成功しています。

 

ただ、1期放送の2012年から時間が経っていること、上で述べたとおり2期に需要があるかどうかを慎重に健闘しなければならないことを考えると、1期が成功したからと言って必ずしも2期が作られるかどうかはわからないのが現状です。

 

で、2期はある? 映画化?




以上のことから『TARI TARI』2期が製作される可能性は「低い」のではないかと思います。個人的には期待しているのですが、ビジネスとして成功が確証できないように思います。

 

映画化の可能性もないわけではありません。物語のボリュームとしては映画化くらいがちょうどいいように思います。ですが、現在発表されている『SHIROBAKO』が最優先となるので、『TARI TARI』はその後になるでしょう。いずれにしてもかなり先の話で、現実味は薄いように思います。

 

うーん、残念です。が、可能性はゼロではありません。期待せずにじっくり待とうと思います。




スポンサーリンク

1 Comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*