天皇の生前退位の日程が決定!2019年以降の元号はいつ決まる?

天皇の生前退位の日程がとうとう決まりそうです。以前からいつになるのかなど議論されてきましたが、今回ようやく決まったようですね。そこで気になるのは、退位はいつになるのか、次の元号は何になるのか、歴史の1ページを私たちは直接見ることが出来るんですね。




そこで今回の記事では・・・




・天皇退位の日程はいつ?


・次の元号は何になる?


・天皇は退位後何になる?




天皇の生前退位の日程はいつ?



スポンサーリンク





天皇の生前退位の日程は2019年4月30日に決定となりそうです。今のところ変更などはなさそうです。



今回25年ぶりの皇室会議となり、議長は安倍首相で10人が参加した会議のようです。




天皇陛下の退位に向けて、安倍総理大臣が衆参両院の議長や皇族などから意見を聴く皇室会議が宮内庁で開催されています。政府は皇室会議で出された意見を踏まえて、来週8日にも閣議で退位の日程を正式に決定する方針です。
天皇陛下が退位される日程の決定に向けて、安倍総理大臣が、三権の長である衆参両院の議長や最高裁判所の長官、そして皇族などから意見を聴く皇室会議が、午前9時47分ごろから宮内庁の特別会議室で開催されています。

皇室会議は、今の皇室典範のもとでは過去に7回開かれ、会議の開催は、皇太子ご夫妻の結婚について審議するために開かれた1993年(平成5年)1月以来およそ25年ぶりとなります。

会議は非公開で行われ、終了したあと安倍総理大臣が記者団の質問に応じるほか、会議に陪席する菅官房長官と山本信一郎宮内庁長官がそれぞれ記者会見し、概要などを説明することになっています。

政府は、天皇陛下の退位と皇太子さまの即位について、再来年の春には4年に1度の統一地方選挙が予定されているほか、新年度予算案の国会審議なども考慮して、「静かな環境」で平穏無事に一連の儀式などを終えるためには、4月30日退位、5月1日即位が望ましいとしています。
このため政府は、4月30日退位などとする案を軸に、1日の皇室会議で出された意見を踏まえて日程を決めることにしていて、安倍総理大臣が天皇陛下に会議の内容を報告したうえで、来週8日にも閣議で正式に決定する方針です。   引用:NHKニュース





2019年の5月1日からは新天皇が正式に決定するんですね。そうなると5月1日は祝日となる可能性が高いです。




2019年のゴールデンウィークはなんと10連休になると言う事になります・・・。すげぇ・・・。




天皇陛下の譲位日決定の前提となる皇室会議が1日、皇居内の宮内庁庁舎3階「特別会議室」で始まった。非公開で行われ、終了後、結果の概要は会議に陪席した菅義偉官房長官が記者会見で説明する。

 6月に成立した陛下の譲位を可能とする特例法は、譲位日を決める際、皇室会議からの意見聴取を義務付けている。譲位と即位の日程について、安倍晋三首相は陛下が平成31年4月30日に譲位され、5月1日に皇太子さまが即位される案を推す意向を示している。政府は皇室会議で、31年3月31日に譲位、4月1日に即位の案も提示する見通し。

 会議は議長を務める首相が招集し、常陸宮ご夫妻や衆参両院の正副議長ら計10人の議員で構成。皇族議員の秋篠宮さまは陛下の譲位に伴い、皇位継承順位1位の「皇嗣(こうし)」となられ、利害関係者となる恐れがあるため、皇室典範の規定で予備議員の常陸宮さまと交代した。

 政府は5日の閣議で皇室会議の意見を報告し、年内に日程を定める政令を閣議決定する。

 皇室会議は24年ぶり8回目。これまでは、旧宮家の皇籍離脱と陛下や皇太子さまら男性皇族のご結婚が議題だった。   引用:産経ニュース





2019年5月1日からの次の元号は何になる?





平成は31年に終わることになり、新しい元号が決まることになりますね。次の元号はこれから決定していくことになります。




そして一体誰が元号を決めるのでしょうか?まずはそちらから調べてみましょう。




誰が元号を決めるの?その決まりや法律とは?





一体誰が元号を決めるのか?と今誰もが気になっているであろう法律や決まりごととは?と調べてみたのですが、実はこの元号を決めるのは誰、という決まりや法律は無いようなのです。




前回「平成」という元号を決めた時の段取りとは・・・




・漢文学や国文学関連の大学教授ら有識者が候補を考案

・内閣官房長官が選定

・閣議で協議

・国民を代表する形で衆参両院議長の意見を聞く

・閣議で決定





なので、今回も元号を決めるのは会議が開かれ、有識者が集められることになるのでしょう。




天皇の生前退位はなんと202年ぶりとのこと。なので、今回は特に重要な歴史的瞬間を私達日本人は迎えることになるのですね。





元号自体はそこで決まるので、事前情報はやはり無いみたいです。



スポンサーリンク




ネット上での反応は・・・?





天皇陛下が退位される日程の決定に向け、皇室会議が1日午前、宮内庁特別会議室で開かれた。政府は、陛下が2019年4月30日に退位し、皇太子さまが同年5月1日に新天皇に即位され、同日に改元する日程で最終調整している。皇室会議の意見を踏まえ、8日にも閣議決定する方針だ。

 皇室の重要事項を審議する皇室会議の開催は、1993年1月19日以来で約25年ぶり。6月に成立した退位を可能にする特例法は退位日決定に先立ち、皇室会議で意見を聴取することを義務付けており、議長を務める安倍晋三首相が招集した。

 会議は非公開で開催し、所要約1時間の見込み。首相が席上、退位日程について皇族代表の2人や衆参正副議長、最高裁長官らから意見を聴取。政府側は見解を求められれば、「19年4月30日退位、同年5月1日即位・改元」とする案が望ましいとの考えを示す見通しだ。    引用:ニコニコニュース





















































































About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*