天皇皇后両陛下作詞の歌の歌詞とは?三浦大知が歌う曲の内容

天皇皇后両陛下が作詞作曲されたという曲「歌声の響」を沖縄県出身のアーティスト三浦大知さんが歌うことが決定しましたね!気になる歌詞の内容や天皇皇后両陛下が作詞作曲ができるのはなぜなのか?などについて見ていきます。


天皇皇后両陛下は普段から作詞作曲しているわけではないと思いますが、このようなニュースが流れたことに衝撃を受けています。歌詞の内容も気になりますよね。個人的に三浦大知さんが歌うというのも非常に気になるニュースです。


やはり近年では沖縄と諸外国との問題は大きなニュースの一つですし、様々な意見があると思います。ここではこのニュースの意味なども考えていきたいと思います。




・天皇皇后両陛下作詞作曲の歌の歌詞とは?


・歌声の響はどんな曲?


・なぜ三浦大知が選ばれた?その理由とは





天皇皇后両陛下作詞作曲の歌の歌詞とは?





スポンサーリンク







まず個人的に驚いたのは天皇皇后両陛下が作詞作曲できるという事実ですよね。普段ご公務でお忙しい身であるはずの天皇皇后両陛下がわざわざ作詞作曲されたというのだからこの曲への思い入れは相当なものだと予想できます。




また、作詞作曲できるというスキルはなぜ身についているのか?管理人の見解は、天皇皇后両陛下の教養が国民が思っている以上に高い可能性があるということです。




教養というといろんな解釈ができてしまいますが、この教養の中には「音楽理論」等に関する教養も含まれているのではないでしょうか?やはり小さい頃から英才教育を受けてきたのかもしれません。




作詞に関しては勉強ではなく感性で作ることもできますが、天皇皇后両陛下の立場を考えると稚拙な歌詞は書くわけに行きません。なのでやはり教養がしっかりと身についているからこそ発表できる歌詞、曲、なのでしょう。




ただ、やはり立場上軽いノリの貸家曲は発表できませんよね。いえーい!みたいな。笑




なのでおそらくは歌詞もかなり「お固い」感じになると予想できます。国家のように難しい言葉が多く使われた壮大な歌詞になるのではないでしょうか?




歌声の響はどんな曲?





スポンサーリンク






作曲に関しては普段から作曲されているわけでなければ「遊び」のようなものを取り入れることは難しいでしょう。やはり音楽理論に則ったしっかりとした曲を作曲されると予想できます。




天皇皇后両陛下の作詞作曲であり、さらには三浦大知さんという有名なアーティストに歌ってもらうわけですから、生半可な出来のものを発表することは無いでしょう。




それがどんな曲に感じるかは聞いた側次第ということになりますけど・・・。




なぜ三浦大知が選ばれた?その理由とは





スポンサーリンク







沖縄県出身のアーティストである三浦大知さんが選ばれたのには実力以外にも理由があるのではないかと管理人は推測しています。




沖縄県は様々な問題に直面し、その当事者となることが多かったこともあり、沖縄県出身のアーティストに活躍してもらいたい、希望を持ってもらいたいなどの狙いがあるのではないでしょうか?




明確な答えは出ていませんがそのような意味合いも含まれているように感じました。


















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 897 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*