泊原発の現在の状況は?電源喪失で異常なし?地震の影響は

北海道で6強の地震が発生し、都市部でも停電などの状況が続いています。札幌市では電気が停電状態でガスや水道は使えている状況とのこと。今注目されているのは泊原発の状況です。電源喪失状態とのことで現在の状況と地震による影響を調べてみました。




・泊原発の現在の状況は?


・電源喪失で異常なし?


・泊原発への地震の影響とは





泊原発の現在の状況は?







スポンサーリンク







泊原発 外部電源喪失も核燃料は冷却 重要設備に異常確認されず

震度2を観測した泊村にある泊原子力発電所は、3基の原子炉があり、いずれも運転は停止中で、北海道電力によりますと、停電のため、外部からの電源が供給されていない状態になっていますが、非常用ディーゼル発電機6台を起動し、燃料貯蔵プールに入っている核燃料は安全に冷却できているということです。

非常用ディーゼル発電機の燃料の軽油は敷地内に備蓄されていて、仮に3基の原子炉が運転していた場合でも、最低で7日間、発電機が稼働し続けることができる蓄えがあるということです。

また、この地震により、安全上重要な設備に異常は確認されておらず、原発周辺の放射線量を測定するモニタリングポストの値にも変化はないということです。


引用:NHK





現在の状況としては運転は停止。非常用電源を用いて冷却装置自体は動いている状況とのこと。




しかしニュースにある”外部電源の喪失”というワードを見て心配している人が多いようです・・・。これはつまり停電中の状態を指していて、何かの部品などがなくなったわけではないとのこと。




泊原発のある泊村は震度が2程度だったようなので、直接的な地震の影響はありませんでした。一番の問題は停電状態にあることですが、これも非常用電源が可動している現在は問題ないと判断されています。




北海道全域で停電中とのことなので、判断としては間違っていないかと思われますが、福島のこともあり、心配する声が多く挙がっている状況です。




また、現在可動している非常用電源は、泊原発が可動している状況でも7日間動かすことができるとのこと。停止中の今ならもっと長い間冷却装置などを可動できるので、今のところは問題ないようです。




泊原発への地震の影響とは





スポンサーリンク







今の所地震の直接的な被害は泊原発に出ていません。停電による外部電源の喪失のみ。




非常用電源が稼働しているので地震によって何かしらの問題が出ているわけではないとのこと。しかし福島の原発の事故の際にもニュースでは「問題ない」と報道し続けていた過去があるのでネット上では「本当なのか」という声も上がっています。




しばらくは様子を見るしかなさそうです。今回は直接的な被害はなさそうなので大丈夫かとは思いますが・・・。地震被害に遭われた方、現在も不安な状況に身を置かれている方、安全をお祈りいたします。




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 717 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*