トマト、リンゴが肺機能を助ける!コールドプレスジュースを食卓へ

トマトやリンゴには実は驚きの効果があることがわかりました。それはタバコなどの影響で肺の機能が低下している状態の肺を復元するのを助ける働きというものです。トマトやリンゴは以前から体に良いことはわかっていましたが、さらに喫煙者の方にとっても良い効果があることがわかったのです。




・トマト、リンゴに肺損傷を復元する働きが見つかった!


・トマト、リンゴを効率よく食事メニューに取り入れる方法!


・効果の程はどれくらい?


・コールドプレスジュースが大流行!





トマト、リンゴに肺損傷を復元する働きが!





スポンサーリンク







公衆衛生の Johns Hopkins Bloomberg の学校からの調査は煙ることことをによって 10 年のピリオドにわたる肺の機能の自然な低下がトマトで高い食事療法の前の喫煙者間でより遅く、フルーツ、これらの食糧のある特定のコンポーネントを提案する特にりんごが引き起こされる肺損傷の復元を助けるかもしれませんことを見つけました。

研究者は平均で 2 個以上のトマトを食べるか、または日新鮮な果物の 3 部分以上フルーツの 1 個以下のトマトかより少しにより 1 の部分を日食べた人と比較された肺の機能でより遅い低下があった大人、それぞれことが分りました。 研究者は皿のような他の食餌療法ソースについて尋ね、が、果物と野菜 (例えばトマトソース) を含んでいる食糧を処理しました保護効果は生鮮果実野菜だけで観察されました。

ヨーロッパのグループ (ALEC) の老化の肺の部品であるペーパー、 EC 委員会によって資金を供給され、帝国大学ロンドンによって導かれて調査しましたり、また決して持っていなかったし、またはたばこを吸うことを停止しなかった最も高いトマトの消費との人を含むすべての大人間の肺の機能でより遅い低下を、見つけました。 悪い肺の機能は慢性閉塞性肺疾患、心臓病および肺癌を含むすべての病気からの (COPD)死亡率の危険と、リンクされました。

調査結果はヨーロッパの呼吸ジャーナルの 12 月問題で現われます。

「この調査は食事療法がたばこを吸を停止した人々の修理肺損傷を助けるかもしれませんことを示します。 決してたばこを吸わなくてもフルーツの食事療法の金持ちが」、言う、ヴァネサガルシアラーセンを Bloomberg の国際的な健康および調査の主執筆者の学校図書館係の助教授肺の自然な老化プロセスを減速できることをまた提案します。 「調査結果 COPD のような呼吸器系疾患の開発の危険がある状態にサポートします人々の食餌療法の勧告のための必要性を、特に」。は

調査のために、調査チームは 2002 年に 650 人以上の大人の食事療法そして肺の機能を査定し、次に関係者の同じグループの肺の機能テストを後で 10 年繰り返しました。 3 つの欧州諸国からの関係者 — ドイツ、ノルウェーおよびイギリス — 食事療法および全面的な栄養の取入口を査定する完了されたアンケート。 それらはまた肺活量測定、酸素で取る肺の容量を測定するプロシージャを経ました。

テストは肺の機能の 2 つの標準測定を集めます: どの位空気を人が 1秒の肺から排出できるか測定する 1 第 2 の強制吐き出されたボリューム (FEV1)、; そして強制された重要な容量 (FVC)、人が 6 秒に吸い込むことができる空気の総計。 年齢、高さ、性、体格指数 (肥満の表示器)、社会経済的地位、身体活動および総合エネルギーの取入口のような要因のために制御される調査。

前の喫煙者の間で、食事療法肺機能接続はでしたより打ちます。 トマトおよびフルーツの食事療法の最高を食べた元喫煙者は 10 年のピリオドにわたるおよそ 80 の ml のより遅い低下がありました。 これは煙ることことをによって食事療法の栄養素ができている損傷の修理を助けていることを提案します。

「肺の機能個人の汎用および特定の健康によって可変的な速度で年齢 30 頃低下し始めます」はガルシアラーセンを説明します煙ることことをによって人々が老化することができ、与えられる修理損害を助けるかもしれませんことをと同時にそれをより多くのフルーツを低下を減少させるために食べることは定期的に 「私達の調査が提案する助ける。 食事療法は世界中で COPD の上昇の診断を戦う 1 つの方法になることができます」。



引用:https://www.news-medical.net/news/20171221/21/Japanese.aspx





トマトは特にダイエットにもいいですからね。非常に嬉しいニュースです(喫煙者にとっては特に)。日本では特に肺の病気で亡くなる方も多く、肺機能に関して効果があるのであればスグにでも取り入れたいメニューですよね。




トマト、リンゴを上手く食事に取り入れる効率的なメニュー





日本では以前から対処療法が一般的で、サプリメントなどはあまり受け入れられない傾向にありました。しかし近年、サプリメントなどを取り入れる人も増え、サプリメントなどを販売する企業なども多く参入してきています。




対処療法とはその名の通り、病気になる⇒薬をもらい治す、という対処的な療法のことで、これでは病気になってからでなくては対処できません。




米国などの医療破綻している国では病気になった時点でかなりの高額な医療費がかかってしまいます。その為、米国では一般的に医療保険に加入するのですが、その医療保険が異様に高いのです。




なので以前より、米国では予防医療と言うものが一般的になりつつあります。予防医療もその名の通り、病気になる事自体を予防し、病気にかからないようにするというものです。




その中の一つに食事療法があります。食事療法は効果的に病気の予防ができる上、ダイエットなどにも効果的。




トマトにもダイエット効果があると言われていますね。




そこで今までの食事に効率的にリンゴやトマトなどを取り入れるにはどうするのが効果的なのでしょうか?




個人的に一番簡単なのはジューサーなどでジュースにして飲むことですよね♪




食事のメニューをこれから考えて新しく加えるよりも簡単にジュースとして食卓に出すのです。こうすれば安心、安全のオリジナルジュースとして飲むことが出来ますし、食物繊維などもそのまま摂れてしまいますね♪










口が広いタイプなので、皮を向いてゴロゴロと入れられちゃいます♪




今までの食事に一つ、工夫を加えてみては??




Twitterの反応





スポンサーリンク



















































































About 小鳥遊ユウ 650 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*