[とら婚ってなに?]今話題のオタク婚活!口コミや評判は?女性はいる?

オタク向け婚活サイト「とら婚」が今話題になっています。このとら婚、いったいどのようなシステムなのか、お金を払う価値があるのか、調べてみました!




オタクの未婚率は67%にも上るそうで、一般的にオタクの婚活はハードルが高いと言えます。それもそのはず、管理人含め、オタクというのは口を開けば謎の単語、スラングが飛び交い、一般人に理解をしてもらえない種族なのです。




そしてその多くはコミュ障という徹底ぶり。オタクも重度になると社会不適合者により近づいていくものなのです。(書いていて自分もそうだと思うとくるものがあります)




料金プラン



スポンサーリンク





フレンズプラン




入会金0円


月会費0円


成婚料0円


特典:パーティーなどの情報をお届け


けものとかが参加しそうな名前のプラン。ほとんど無料体験版みたいなものですね。あまりメリットは多くないですが、こういったプランを用意できるのはある意味、自信の表れなのかもしれません。


パーティー参加費などは実費でかかりますので、情報を受け取るだけのフレンズということになります。




マイペースプラン




入会金(前払い) 98,000円(税別)



月会費(毎月払い) 10,000円(税別)



成婚料 100,000円(税別)


このプランではメール、電話のサポートがつき、IBJ(株式会社IBJ。大手の婚活運営会社)自動マッチングシステムの利用、申し込みなどが特典でついています。


やはり料金が発生してからのサポートは手厚く、IBJ自動マッチングシステムでは趣味が合いそうな異性のオタクを紹介してくれるというオタクにとって大きな味方になってくれるものです。




オタク応援プラン


入会金(前払い) 150,000円(税別)



月会費(毎月払い) 15,000円(税別)



成婚料 200,000円(税別)


このプランからは上記のプランの特典に加えて、アドバイザーが直接、異性のオタクを紹介してくれるというもの。


つまり、自動マッチングシステムではできない紹介システムがあるのが大きな特徴ですね。


オタクにもジャンルというものがありますよね。例えば漫画、アニメ、フィギュア、ゲームなど。それに加えてアニメだったら「日常系」、「ラノベ原作」「ロボットアニメ」など、アニメというジャンルの中にさらに細かい分野があるのです。


同じアニメオタクでも、その分野が違うだけでもはや「別の趣味」に近い感覚を覚えるのです。オタクって難しい。


その問題を解決するのがこのプラン。アドバイザーもオタクをよく理解しているので、この細分化されたジャンルごとに異性のオタクと引き合わせてくれるのです。かなり満足度は高いのではないでしょうか。普通に友達作れそうです。いや、婚活が目的なんですが。




恋愛ビギナーフルサポートプラン


入会金(前払い) 210,000円(税別)



月会費(毎月払い) 15,000円(税別)



成婚料 200,000円(税別)


上記のプランに加えて、サポートの回数などを増やしたもの。婚活にガチな人向けですね。ガチの中のガチ。”フルサポート”を謳っているだけあって、かなり強気な値段設定。




口コミ、評判は?



スポンサーリンク





ネット上でちらほら見られるのが、「料金高くね?」というものがよくみられ、「サクラどんだけ雇ったの?」や、「女性参加者いないんじゃ」といった疑いの目を向けられているものが多いようです。




しかし、実際に参加した人の声は意外と好印象なもので、「オタクしかいない安心感がある」など、オタクでも尻込みせず話せる環境が非常に良かったというような内容だったようです。




基本的にパーティーでは女性と男性が20:20の割合で開かれ、自分の趣味を紙に書いて提出、そこから婚活スタート、といった流れになっているようです。最後にはカップリング希望の相手の番号を書いて、主催側が合う人を見つけてくれる、といったシステムのようです。




写真などは撮影できないみたいで、画像などはありませんでした。




1ヶ月先まで満員御礼!?





パーティなどは定期的に開催されているようですが、なんと1ヶ月先まで予定が埋まるほどの大盛況のようです。なんだか管理人も気になってきました。




無料プランからもパーティ参加はできるようなので、オタクのみなさん、参加してみませんか?




まとめ





ネット上の噂や書き込みではあまり好印象を持たれていないようですが、実際に行った人には好評のようです。無料プランもあることから、試しやすいというのも人気の秘密かもしれません。




そして同じオタク趣味の人に出会う確率は日常生活においてかなり低いので、こういったパーティには参加して損はないように思います。




ただ、一つデメリットというか、気になる点は”料金が高い”ことでしょう。




これは確かに若い人で、しかもオタクとなるとこの料金を払えない人は多いのではないでしょうか。オタク趣味ってお金かかりますからね。




なのでまずは無料プランでパーティーに参加するだけでもいいかもしれません。普通に気になりますねこれ。友達作りにいく人もいるかもしれませんね。趣旨はズレますけど。

About 小鳥遊ユウ 551 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*