トランスジェンダーって何?性同一性障害とトランスジェンダーの違いとは

最近話題になることの多いトランスジェンダーって何?性同一性障害とはどう違うのか、LGBTの意味など、トランスジェンダーにまつわる話をまとめてみました。




・トランスジェンダーって何?


・トランスジェンダーと性同一性障害の違い


・LGBTとは





トランスジェンダーって何?





スポンサーリンク







トランスジェンダー、という言葉の意味から考えていきましょう。Transgenderはラテン語で「貫く」 「横切って」 「越えて」 「乗り越える」や「逆側に行く」を意味する接頭辞「トランス」と、英語で「性」を意味する「ジェンダー」の合成語。




直訳すると「性を乗り越える」 「性の逆側に行く」みたいな意味になりますね。これだと直訳すぎてよくわからないと思うので、意味的には「性という壁を乗り越えた存在」のような捉え方でいいのではないでしょうか。




これといった定義がない言葉なので、トランスジェンダーは広い意味を持ちます。




生まれたときに持っている性別と心の性別が違う、という捉え方で間違いはないでしょう。




トランスジェンダーと性同一性障害の違い





スポンサーリンク







まず性同一性障害は医学用語です。つまり病院などで使われる単語で、トランスジェンダーとの違いはそこにあると言えます。




医学用語であるということは性同一性障害の患者はこれを”障害”だと感じているということであり、つまりは心と身体の性を一致させたいと考えていることがほとんどです。(体は女性で心は男性⇒体も男性にしたい等)




一方でトランスジェンダーの中にはそういった”一致させたい”などの気持ちがない人も含まれます。より広義な意味で使われるということです。




トランスジェンダーの中にも様々なタイプが存在します。個人差というやつですね。例えば服装を自身の性とは別のものを着る。女装や男装ですね。これは割とコスプレが盛んな日本では珍しくもないですが、やはり海外などではマイノリティに属するでしょう。




ちなみに服装が女装や男装だったとしても興味があるのは異性、というパターンも存在するようです。本当に個人によって様々なタイプが存在しているので、理解が進むには時間がかかるかもしれません。




また、クロスジェンダーと呼ばれる人たちも存在します。クロスジェンダーは性別の意識がどちらにもなかったり(男性という意識も女性という意識もない)、そのときによって変わったりする人たちのことですね。




不思議ですが、こういう人たちもいるんだなぁ、と知っておくだけでも相手への理解が含まれるかもしれません。




LGBTの意味とは?





L(レズ)

G(ゲイ)

B(バイセクシャル)

T(トランスジェンダー)




これらを並べたものがいわゆるLGBTですね。性のマイノリティ(少数派)に属するため理解が得られないことが多い人達でもあります。簡単に言うとLとGは同性愛でBは両方共イケる人、トランスジェンダーは上記にあるとおり、といったところです。




これらを一緒に並べられたくないと考える人もいるそうなのであまり気軽に使う言葉ではないようです。




難しいですね。最近ではLGBTに対する理解も進んできてはいますが、やはりまだまだ理解されないことのほうが多いハズ。特にテレビなどのバラエティ番組ではまだまだ”イジる対象”のように扱われているのが現状です。




こういったマイノリティの人たちにも少しづつ理解が進んでいくといいですね。




Twitterの反応



















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 841 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*