ちょい生提供中止の理由はなぜ?セブンの100円生ビールは復活するのか

ちょい生、セブンの100円生ビールが提供中止になったと話題になっていますね。結構楽しみにしていた方も多かったようで、その提供中止の理由が気になりますよね!ということで今回はちょい生提供中止の理由はなぜなのか、復活はあり得るのかなど、調べていきましょう。




・ちょい生(セブン100円生ビール)の提供中止理由はなぜ?


・ちょい生提供中止は飲酒運転防止のため?


・セブンイレブンの回答





ちょい生(セブン100円生ビール)の提供中止理由はなぜ?





スポンサーリンク







セブンイレブンの”ちょい生”こと100円生ビールは当初、Sサイズで100円、Mサイズで190円での提供をする予定でした。この暑い中、コンビニに入ったらキンキンの生ビールがサーバーから楽しめるとなれば、間違いなく人気の商品になっていったでしょう。




しかしこれが提供中止。かなり話題になっています。これに対するセブンイレブンの回答がコチラ




「想定を大幅に上回る反響があり、需要が大きく高まった際の販売体制や品質保持が難しくなる可能性がある」




ん?反響があるからこそ販売する価値があるんじゃないの?




品質の保持が難しくなる可能性、というのもそれこそ販売する前段階である程度対策はうっていたのでは?




提供中止理由がなんだかちょっとよくわかりませんね・・・。簡単にまとめると準備不足だった、ってことですかね。




なんだかモヤっとする回答です・・・。




ちょい生提供中止は飲酒運転のため?





セブンイレブンの先ほどの回答だとなんだかモヤっとするので、ありえる提供中止の理由としてはやはり飲酒運転などの危険があるということでしょうか。




飲酒運転はするのももちろん悪いのですが、提供した側も罰則を受けるというのは有名ですよね。




道路交通法「酒気帯び運転等の禁止」によると・・・




第65条第1項     何人も酒気を帯びて車両を運転してはならない


第65条第3項     何人も第一項の規定に違反して車両等を運転することとなるおそれがあるものに対し、酒類を提供し、または飲酒を勧めてはならない。




そう、提供した側も違反になってしまうので酒類を提供するにも結構なリスクがあります。しかもセブンイレブンなどのコンビニではそのほとんどがアルバイトの店員だったり、確認作業に手間がかかったりと、この条例に違反する可能性が高いと言えます。




コンビニで年齢確認しただけで怒られる時代ですからね、「お車でお越しのお客様には〜・・・」なんてこと言ってられない場合が出てくる可能性が高いと。しかもアルバイトの安い賃金や外国人スタッフが多いこの時代ではそこまでカバーできないだろうし、罰則のリスクは結構大きいんじゃないかと思われます。




やはりコンビニで生ビール提供はまだまだ難しいのかもしれませんね。




ちょい生の提供は復活するのか?





スポンサーリンク







セブンイレブン広報担当によると「再開の予定はない」 「延期ではなく中止」とはっきりと回答が出ているようです。




これを残念と見るか、あるいはこれでいいと見るか・・・。どこかのコンビニが実装しそうな気もしますが、しばらくはちょい生のようなサービスは提供できないかもしれません。




海外でもコンビニで生ビールは中止になっていた





タイのセブンイレブンでも2017年に生ビール販売が試験運用されていたことがあります。




しかしタイでは市民団体などから反発の声が多く上がり、未成年の飲酒や飲酒運転に繋がる恐れがあるとして提供が中止になっています。




やっぱりまだまだ難しいということですね。




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 652 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*