内田正人の音声テープの内容は?日大アメフト監督衝撃発言!【タックル問題】

悪質タックル問題で話題になっている日大アメフト部ですが、加害者である宮川選手の謝罪会見や被害者の奥野選手の父親が会見を開くなど、少しづつ進展を見せています。そんな中日大アメフト部の内田正人監督は表立って会見などは開いていません。


そこになんと文春砲が炸裂したみたいですね。今回は囲み取材中の音声テープを公開するとのこと。その衝撃的な内容とは・・・?




・内田正人監督の音声テープの内容とは


・日大アメフト部悪質タックル問題、炎上中


・日大広報部の言い訳が酷いと話題に





内田正人監督の音声テープの内容とは





スポンサーリンク







5月24日に週刊文春デジタルで公開すると情報が出ている内田正人監督の音声テープ。これは気になりますね。表立って会見などで説明がない内田正人監督の情報は今のところ正確な情報が少なく、ネット上ではかなり叩かれていますが、今回はその内容が一気に公開されるみたいです。




その音声テープは以前内田正人監督が囲み取材を受けていた時のもの。




「よく言うよ、何年か前の関学が一番汚いでしょ。みなさんそれ言ったほうが良いよ。これオフレコですよ。そうでしょ、一番がっちりやる。うちはエリート揃ってないから必死なんですよ。何をやるにも。しょうがないじゃないですか。ボクがこういう性格だから、こうなっちゃうんですよ、選手が。」




これは大波乱の予感しかしない・・・。笑




かなりの炎上騒ぎになることは間違いないでしょう・・・。内田正人監督も「オフレコですよ」と言っている以上、言い訳もできませんね〜・・・。




ネット上での炎上はすぐに収まると予想していたのでしょう。内田正人監督の発言からは”大した事ない”と感じさせるものばかり。やはり日常的に行ってきたことなのかもしれません。




しかしスポーツの世界ではこれくらいやらなければ勝てないと言った事情もあるのかもしれませんね。やりすぎた感は拭えませんが、これは内田正人監督にとって常識の範囲内だったのでしょう。




しかし問題は悪質タックル問題が大きくなったところで謝罪会見などを開かずに済まそうとしてしまったことではないでしょうか。事実、加害者である宮川選手は謝罪会見を開いた際、その姿勢を評価する声が多く見られました。




20歳の青年が監督の指示だったとは言え真摯に向き合い、謝罪会見を開いたことに素晴らしいと感じる人は多かったでしょうからね。




今回の内田正人監督の音声テープの内容が公開されることでどれほどの炎上を生むのか、想像だにできないほど叩かれるでしょうね・・・。




日大広報部の言い訳が酷いと話題に





スポンサーリンク












今回の炎上騒ぎにさらに油を注いだ日大広報部の発言が話題になっていますね。




かなり言い訳がましい・・・。しかもあわよくば選手に責任をなすりつけようとしているようにも捉えられかねない言い訳が非常に反感を呼んでいます。




今回の件で日大広報部はかなり悪手をしでかしてしまったことは言うまでもありません。内田正人監督の発言なども気になりますが・・・。タイミングと行動が炎上の元になってしまいましたね。




Twitterの反応




















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 791 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*