やがて君になる13話の感想と評価!内容やあらすじ【最終回】

『やがて君になる』第13話「終着駅まで/灯台」の感想です。最終話となります。

 

佐伯沙弥香の葛藤





スポンサーリンク






この物語で佐伯沙弥香は七海燈子の現状を肯定するキャラクターとして描かれています。燈子に寄り添って、燈子を誰よりも理解し、それでいて何も変えない。侑とは対照的です。







 

ただ、沙弥香自身がそんな自分を肯定できているのかどうかはわかりません。燈子の気持ちが離れてしまっている現状を痛いほどわかっているけれど何もできない自分をもどかしく思っているのかもしれません。

 

中盤の燈子に手を伸ばすシーン(瞳に映る演出が素晴らしい!)と最後の一人で本を読んでいるシーンからわかる通り、この最終話、沙弥香があまり救われていないのがとても気がかりです。悪い表情をしていないのはせめてもの救いですが、2期があるなら沙弥香にも何らかの希望を与えてほしいところです。

 

選ばなくていいという選択肢




スポンサーリンク






前話12話での脚本変更の通り、侑は「選ばなくていい」と燈子に告げます。過去を選ばなくていい理由は「今のあなたしか知らないから」。要するに「今をありのままに過ごせばいい」ということを言っています。







 

だけど燈子は「自分には何もないから、誰かを選ばなくてはならない」と言います。「誰かを選ばなくてはならない」というのは「誰かにとっての理想を演じなくてはならない」ということでしょう。

 

それを聞いて侑は「でも、」と何かを言いかけます。何を言いかけたのかはわかりませんが、燈子を変えるという強い意志の表れでしょう。

 

「終着駅」から「乗り換え」へ




スポンサーリンク






燈子は生徒会劇を無事に成し遂げて姉の理想を演じきることを目標に今まで生きてきました。しかし、生徒会劇が終わってしまったらどうすればいいのか。その先を姉は生きていないので、燈子にとってレールは敷かれていません。燈子にとって生徒会劇の終わりは終着駅です。







 

しかし、この13話の最後、侑は「乗り換え」を示唆します。生徒会劇という終着駅に着いたとしても、乗り換えて進んでいけばいい。このレトリックには感心してしまいました。

 

2期ありそうな雰囲気




スポンサーリンク






今期アニメで最も続きが楽しみだったのが『やがて君になる』でした。百合というジャンルにはあまり詳しくなく、関心もなかったのですが、偏見を持たずに見始めてよかったと思っています。

 

ここで描かれていたのはカテゴライズとしての百合というよりは、等身大の恋愛物語でした。特に心理描写は程よく示唆的で深読みのしがいがありました。その他、舞台装置やモノを最大限に活かした演出、夕焼けの美しい描写など良かった点は挙げればきりがありません。ネット上で考察班が細かな演出まで意図を読み取り推測していました。

 

1クール全13話の物語でしたが、原作マンガはまだ続いています。マンガもアニメもおそらく商業的に成功していると思われ、最終話の雰囲気からしても2期があるだろうなと感じています。数年後の先の話になるでしょうけれど、楽しみに待ちたいと思います。




Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*