吉田統彦の経歴学歴は?谷口浩司の妻のブログ全文で黒幕暴露【立憲民主党】

東京医科大学の裏口入学問題で文部科学省の官僚が次々と逮捕されている裏口入学問題。逮捕された谷口浩司氏の妻がブログでとんでもないことを告発しました。その内容は”今回の件の黒幕について”です。そのブログ全文を読んでみると、なんと立憲民主党の吉田統彦衆議院議員の名前が挙がっているのです。事の真相はどうなっているのか、調べてみました。




・吉田統彦の経歴学歴


・吉田統彦が裏口入学の黒幕か


・谷口浩司の妻のブログ内容





吉田統彦の経歴学歴





スポンサーリンク












吉田統彦 (よしだ つねひこ)


立憲民主党所属


生年月日 1974年11月14日(43歳)


出身 愛知県名古屋市


学歴 名古屋大学大学院


前職 ジョンズ・ホプキンス大学研究員





立憲民主党所属の衆議院議員である吉田統彦議員。今回東京医科大学の裏口入学に関係しているとブログで告発を受けた人物ですが、一体どんな人物なのか、まずは主張から。




・憲法9条の改正に反対。

・2030年代に原発ゼロにするべきと主張。

・選択的夫婦別姓制度導入にどちらかといえば賛成。

・安倍政権を倒す、と強く主張




立憲民主党所属ですので、やはり主張の傾向は同じようなところでしょうか。しかし本人は「経費削減と資金の透明化」という主張もホームページ上に記載しており、今回の暴露が本当ならばかなりの矛盾があるようですね。




元々博士号を取得していたり、医療関係に秀でている人物で、今回の東京医科大学の裏口入学問題の中心にいたと考えられています。おそらく医療関係の人脈が多いのでそれも納得できます。




谷口浩司の妻のブログ内容







報道では、谷口浩司が佐野太局長と臼井理事長を事件のために紹介したとなっていますが、実際の紹介者は立憲民主党の吉田統彦衆議院議員です。吉田先生は、佐野太、臼井正彦の両氏と民主党政権時代から懇意にしていました。また、吉田先生は眼科医でもあることから同じく眼科医である臼井前理事長と協力して日本眼科学会での活動もしていました。




「この構図の中で吉田先生が関係していないのは不自然であり、関係をしていないのならば事件そのものが無いことになる」と繰り返し詳しく調べるように要請したとのことです。
しかし、特捜は谷口浩司、佐野太、臼井正彦の三人の関係だけによる構図として事件を起訴をしました。
なぜ、谷口は「単なる民間人で、霞が関ブローカー」と特捜は報道発表しているのでしょうか。     引用:谷口浩司のホームページ







吉田統彦議員が関係していたことをかなり生々しく告発されているブログです。書いているのは谷口浩司の妻を名乗る人物。本当かどうかの確認はこれからなのでしょうが、内容的にかなり核心をついたものというのがわかります。




そして報道されていない部分も詳細に書かれている事から信ぴょう性は高いようにも見えますね。




佐野太容疑者の息子は実力で入試合格できていた?






スポンサーリンク







報道では、裏口入学があったとされてますが、貴憲君の医学部受験の一次試験戦績は7戦6勝です。東京医科大学と同じ偏差値レベルの医学部は全て合格しています。
難関クラスの慈恵医大も一次試験合格しています。第一志望の昭和大学医学部だけは落ちました。



以下に受験結果を公表させてもらいます。この結果が真実かどうかは特捜でしたら容易に確認出来たことだと思います。(特捜へ情報提供済)

1次試験合格校(受験日順/学校名/偏差値:医学部予備校プロメディウス参考)

1月25日 帝京大学 医学部(65)  
1月28日 北里大学 医学部(68.5)
1月31日 東邦大学 医学部(69)  
2月 2日 東海大学 医学部(68.5)
2月 3日 東京医科大学  (69)    
2月 5日 東京慈恵医科大 (74)   

2次試験合格

東京医科大学    二次試験合格
東海大学 医学部  二次試験合格
帝京大学 医学部  二次試験合格

※ 事件後数日で佐野貴憲君の顔写真や経歴がインターネットで拡散されてしまったので、あえて本名で書かせていただきました。自分なり簡単な大学から難しい大学に向けて受験日程を組み、難関校への合格を目指していたことが受験生の方なら分かると思います。


引用:谷口浩司のホームページ






もしこの内容が本当ならば、前提条件としての”裏口入学”という事件は一体何だったのか、佐野太容疑者の息子は自身の実力で東京医科大学に入学できる実力があったのならば、一体何のための裏口入学だったのか・・・。




この事件の本当の黒幕が吉田統彦議員だったとして、わざわざ裏口入学させる意味はあったのか、謎です。より確実に受かるため、だったのかもしれませんが。




もちろん実力があったからと言って裏口入学が許されるわけでもありません。問題はそのまま問題としてもより複雑化していることは間違いありません。あとは続報を待ちたいところです。このブログに書いてあることが全て本当とは限りませんので、まずは一つの可能性としてみていきたいですね。




Twitterの反応




東京医科大学の裏口入学問題のきっかけはコチラの記事で


川端和明の記事はコチラ


















スポンサーリンク

About 小鳥遊ユウ 791 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

1 Trackback / Pingback

  1. 【芸能】『西郷どん紀行』ナレ担当、NHK島津有理子アナが退職「医師を目指して大学で勉強」 – ニュー速まとめ速報

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*