Youtuberが規約変更で収益激減!?脱落するYoutuberが続出へ・・・

Youtubeの広告収益について規約が変更され、中小Youtuberが悲鳴を上げています。2月からは「登録チャンネル数1000人以上、再生時間が年間4000時間以上」に満たないチャンネルは広告が表示されず、収益も0になるとのことです。今まで文字だけが出てくる変な動画などでも稼げてきたYoutubeですが、これからはそういった動画は消えていくかもしれません。




再生回数だけを稼げばよかった今までと違い、これからはさらに再生時間という大きな壁が出来てしまったためです。つまり、「固定のファンが居て、さらに長時間再生される=面白い動画」を作る必要があります。




・Youtubeの規約変更で中小Youtuberが激減?


・これからYoutuberを始めるのはキツイ!?


・Youtubeの次に使える動画サイトは?




スポンサーリンク







Youtubeの規約変更で中小Youtuberが激減?





規約の変更によって多くのYoutuberに衝撃を与えているようです。広告がつくまで頑張っていた中小Youtuberは更にゴールが遠くなり、これから始めるYoutuberは始めるハードルが高くなりそうです・・・。



















これからYoutube難民が続出していく可能性が高いです。少し稼げるようになって仕事をやめてしまった人たちなどは、これからどうしていくのでしょうか・・・?




以前に記事にした炎上Youtuberの行いなども関係しているのでしょうかね。Youtubeはこれからも厳しくなっていく可能性があります。




以前の記事はコチラ「樹海Youtuber」




以前の記事はコチラ「誘拐系Youtuber」




Youtubeの次に使える動画サイトは??





ネット上でも様々言われています。Youtubeが厳しくなってきた以上、他のサイトで収益化を目指す人も増えてくる可能性があります。いわゆる”乗り換え”ですね。




しかし視聴者数はやはりYoutubeがおそらくトップレベルに多いので、有利なことには変わりません。




管理人も気になって調べてみました。




その1:Topbuzz


なんでも、Youtubeの5倍稼げる!なんて書いてあったりしていますが、なんだかアヤシイ雰囲気がすごいですね。調べてみると中国企業のアプリのようで、ネット上でも危険なのではないか、と考えている人も多いようです。管理人はあまりおすすめできないですね。




その2:Vimeo


こちらはアメリカ発の動画サイトで、アップロードする側は有料会員になって動画を投稿するのが主流のようです。収益も「チップ制」。日本人にはあまり馴染みのないチップ制だと、日本では収益を上げにくいのかもしれませんね。




今のところYoutubeのようなシステムで稼げる動画サイトというのは殆ど無いようです。




Youtubeで広告収入を得られるまで地道に頑張ることが大事なのかもしれません。動画の再生された時間も長くしなければならないというのも、つまりは「面白い動画救ってね♪」ということなので、どんな動画が見られるのか研究しながら地道に頑張るのが実は一番の近道であるような気がします。




Twitterの反応





スポンサーリンク













































































About 小鳥遊ユウ 891 Articles
気になる芸能関係の記事や事件などのネタを調べてまとめています。お酒とカメラが好き。暖かい部屋でアイスを食べる、PCをイジる。それだけで幸せ。

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*