ユリシーズアニメ2期続編はいつから放送?続きの内容とあらすじ

『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は英仏百年戦争を舞台に、歴史上の人物ジャンヌ・ダルク、錬金術などのファンタジー、萌え要素、友情物語などをふんだんに詰め込んだ回転寿司のようなアニメでした。

 

果たして2期はあるのか?放送はいつから?を検証していきますよう。

 

原作ストックはある?




スポンサーリンク






『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』は春日みかげ原作のライトノベルです。2018年11月に第6巻が発売され、ジャンヌ編は完結ということになっています。







 

アニメでは原作6巻分のジャンヌ編を1クールで映像化しており、続編を作るための原作ストックは「全くない」状態です。

 

原作者によれば、この「ユリシーズ」の物語は現代まで構想がある、とのことです。まだ続編は発売になっていませんが期待してみましょう。

 

円盤の売上は?




スポンサーリンク






2期製作のためには円盤(DVD/Blu-ray)の売上が重要な指針になると言われます。制作費を回収するための貴重な収益源だからです。

 

さて『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の円盤売上、速報によれば「記録なし」となっています。はい、これはいわゆる「爆死」ですね……。最終的に500枚売れないと思われます。







 

さすがに1,000枚を切る売上で2期が作られた例は寡聞です。配信などでの収益があったとしても「爆死」とのそしりは避けられないように思われ、2期製作は難しいように思われます。

 

評判や評価は?




スポンサーリンク






アニメ『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の評判・評価ですが、Amazonではレビュー数24、星平均2.7です。話題性も少なく、星も低く、となかなか散々な結果になっていますね……。







 

作画は綺麗で、歴史に基づくストーリーも大枠では硬派でした。錬金術などのファンタジー要素や、萌え要素もエンタメとしてのラノベ、アニメであると考えれば許容範囲です。おそらくこの作品は「中途半端」だったのではないかと思います。

 

硬派にやるなら徹底的に硬派であるべきだった。ギャグで行くなら笑わせにくるべきだったし、萌えであれば萌で突き進めばよかった。だけど、すべての要素が中途半端になってしまった結果、脚本の小さなアラが目立つ作りになってしまい、視聴者が集中して見ることができなかったのではないかと思います。

 

で、2期はある?





スポンサーリンク





これらのことから『ユリシーズ ジャンヌ・ダルクと錬金の騎士』の続編2期は「かなり可能性が低い」のではないかと想像されます。

 

原作者の春日みかげ氏は『織田信奈の野望』の原作者でもあり、歴史物の中にファンタジー要素を詰め込んで物語を再構築するのが得意な作風であるようです。『ユリシーズ』シリーズの続編が執筆されるなら、2期にも少しは期待できるかもしれません。






Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*