7月28日三重県南東沖にて地震が発生しました。震源地は三重県南東沖なのにも関わらず


宮城県で震度4などの異常震域の現象が起きて話題になっています。


異常震域とは一体なんなのか?


原因が人工地震だと噂される理由はなんなのかなどについて調べてみました。


2019年7月28日地震発生!震源地は三重県南東沖




スポンサーリンク





7月28日(日)3時31分頃、宮城県で最大震度4を観測する地震がありました。

震源地は三重県南東沖で、震源の深さは約420km、地震の規模(マグニチュード)は6.5と推定されます。

この地震による津波の心配はありません。

地震の規模は大きいものの、震源が極めて深かったため、津波発生のおそれはありません。


とりあえずこの地震で津波などは発生していません。


それだけは不幸中の幸いですね。


今の所甚大な被害も出ていないため一安心です。


しかし今回の自身は不思議なことが多く、多くのネットユーザーが注目しています。


それが異常震域と呼ばれる現象です。


異常震域とは?



震源が深かったことで、震央に近い場所では地震波が地上に到達するまでに減衰されて揺れが小さかったものの、

プレート構造等により遠方には大きな揺れが伝わった「異常震域」と呼ばれる震度分布が見られます。

これにより、東日本の太平洋沿岸で強い揺れが観測されたとみられます。


異常震域とは、震源地にほど近い場所があまり揺れずに


逆に遠く離れた場所で強い自身が発生するなどの異常な揺れのことです。


今回の場合は震源地が深すぎたために、震源地に一番近い場所はあまり揺れず、


その揺れが遠くに伝わっていったことによる異常震域が発生したんですね。


異常震域の原因は人工地震?




スポンサーリンク





ネットで囁かれるのはやはり地震を人工的に発生させたから異常震域になったのではないかという推測です。


人工地震は実はオカルトのような話ではなく、実際に実験で行われていたことがあります。


もちろん日本の昔の記事などを漁ってみると人工地震に関する記事というのは以外にもあっさり出てきます。


https://images.app.goo.gl/diU1519LmZAdYhfK6


これはオカルトではなく、実際に実験で人工地震が行われてきたことがわかりますね。


しかし今回の地震が人工地震だったと確証のある情報はないために断言することはできません。


震源地の深さ的にも実験できるような深さではないので


普通に人工地震ではなく自然現象というのが正しいと思います。



今までに起きた異常震域の地震




スポンサーリンク





小笠原諸島西方沖地震

2015年5月30日発生、深さ682km、マグニチュード8.1

オホーツク海深発地震

2013年5月24日にカムチャッカ半島西方のオホーツク海で発生した深さ609km、

マグニチュード8.3の地震では、北海道宗谷地方や秋田市で震度3を観測したが、

より震源に近い斜里町では震度1だった。

またメルカリ震度階級での比較では、東京は震度IIだったが、

さらに遠いカザフスタンのアティラウではより強い震度V、ドバイやインドのノイダ、

中国の重慶では震度IVが観測された。

7000km離れたロシアのモスクワでも有感地震となり、

観測した震度はIII(気象庁震度階級では震度2程度に相当)

であったが老朽化したアパート2棟から住民約850人が路上に避難する騒ぎがあった。


こちらにある事例の通り、震源地が深すぎるために起きる


異常震域というのは今までにも起きたことがある地震です。


珍しいことは間違いありませんが、


今回が初めてというわけでもないようですね。


ネット上での反応




スポンサーリンク